≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大飯原発再稼働、「夏限定」で福井県内猛反発 知事、原発相来県で念押しへ
福井新聞ONLINE 6月2日(土)10時8分配信
 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を事実上容認した関西広域連合の一部首長が運転期間は電力需給の逼迫(ひっぱく)する夏期に限定すべきだと主張している点に対し、県内では「ご都合主義」(西川知事)などと反発の声が強まっている。政府は既に期間限定の稼働を否定しているが、近く来県する細野豪志原発事故担当相に知事はあらためてくぎを刺す見通しだ。
 限定的な再稼働は、19日の同連合の会合で橋下徹大阪市長が初めて言及した。藤村修官房長官は「需給の厳しさだけを踏まえた臨時的な稼働を念頭に置いているわけではない」と否定。枝野幸男経済産業相も「福井県やおおい町の皆さんに提示することはとてもできない」と取り合わない方針を示している。
 関西広域連合は30日、再稼働を事実上容認する一方で、声明で「政府の暫定的な安全判断であることを前提に、限定的なものとして適切な判断をされるよう強く求める」とした。
 「限定的」の意味について統一した解釈は示していないが、一部の首長は「需給をにらんだ暫定的、限定的な稼働」(山田啓二京都府知事)、「あくまで限定的な期間、対象に限る」(嘉田由紀子滋賀県知事)と夏限定の運転を主張。橋下市長は1日も「ずるずると動き続けることは絶対阻止しなければならない」と述べた。
 「安全は不十分」(橋下市長)としながら、電力不足を回避するため、短期的な再稼働を求める関西の姿勢に、県内の関係者は猛反発している。
 24日に「ご都合主義の勝手なことは話にならない」と述べていた西川知事は、31日にはあらためて「暫定的とはどういう意味か」と不快感を示した。
 福井商工会議所の川田達男会頭は1日の通常議員総会で「関西は上から目線で『動かしていいよ』と言っているよう。そんなことを言われる筋合いはない」と批判。「暫定、臨時などという訳の分からないものでは非常に収まらないものがあるが、(再稼働を)ノーだとも言いがたい状況。県民感情として納得できない」と言い放った。
 「電気を送ろうという気にならない。(再稼働問題は)地元経済の懸念がなければ放っておく」と不満をあらわにするのは田中敏幸県議会議長。安全確保して再稼働する以上、法定通り13カ月運転して定期検査に入るべきだと指摘した。
 立地市町も「安全面からみれば動かす期間は関係なく、理屈に合わない」(河瀬一治敦賀市長)と限定的運転に否定的。一方、時岡忍おおい町長は1日、「(原子力行政は)国が一元的責任を負っている。その国の判断に委ねたい」とだけ記者団に述べた。


福井県知事の方こそ、上から目線の横柄な姿勢を感じます。
福井県も迷惑料として、国からの交付金、電力企業からの献金や核燃料税など、原発マネーで潤っているし、原発関連で雇用も確保されており、原発の恩恵を一身に受けており、そんな偉そうに言える立場では無いでしょう。

ひとたび事故が起これば、隣接の滋賀県、京都府の一部も,原発の無い福井県の東側以上の被害を受けます。
防災計画は30キロ圏を区切りとしているようですが、飯舘村のように50キロに及べば、京都府、滋賀県の大半に及び(それでも県庁所在地のある福井県東部は圏外)、もっとシビアな事故となれば、兵庫、大阪、岐阜(,漸く福井県全域)も範囲に入ってきます。
電気の恩恵を受けている消費地と言って見下していますが、大小の差こそあれ、事故によっては近畿の半分は被害を受ける地域でもあるのです。
特に、原発立地自治体に近い被害を受けそうな滋賀県と京都府の一部については、迷惑料も原発への発言権もなく、事故が起これば踏んだり蹴ったりです。

既得権に胡座をかいて、電気を送ろうという気にならないという横柄な態度、地元経済に懸念がないからそうできないとは、笑わせます。
電気を送らないと生きていけない、原発に強依存していて、抜けられないのが実態でしょう。
お願いですから送らせて下さいという言い方だって出来ます。

特別な監視体制と言っていますが、政治家を派遣して何になるのですか、監視を務めても、ひとたび事故が起これば、事故後対策をしていないので一緒でしょう。
もっと大事なフクシマ原発には特別な監視体制で、副大臣や政務官を常駐させないのでしょうか。
無意味なパフォーマンスに過ぎません。
スポンサーサイト


大飯原発再稼働、「夏限定」で福井県内猛反発 知事、原発相来県で念押しへ福井新聞ONLINE 6月2日(土)10時8分配信 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を事実上容認した関西広域連合の一部首長が運転期間は電力需給の逼迫(ひっぱく)する夏期に... ...

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。