≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<美浜原発>2号機 40年超も認可 炉規法改正では再審査
毎日新聞 6月6日(水)21時56分配信
 経済産業省原子力安全・保安院は6日、7月に運転開始から40年を迎える関西電力美浜原発2号機(福井県美浜町、50万キロワット)について10年間延長することを了承した。保安院内での手続きを経て近く認可する。ただし、原発の寿命を原則40年とする原子炉等規制法(炉規法)改正案が今国会で成立すると、運転継続に再審査が必要で、今回の認可は形式的なものになる。
 この日、保安院は専門家で作る意見聴取会を開催。原子力安全基盤機構が提出した「40年超の運転をする上で、保守管理の対策などは妥当」との評価書について審議され、異論は出なかった。
 現行の炉規法では、30年目を迎える原発は国に運転継続の認可を申請し、その後は10年ごとに申請する仕組みに。40年超の運転が認められた原発は、日本原子力発電敦賀1号機など3基(廃炉になった東京電力福島第1原発1号機を含む)ある。
 一方、今国会で審議されている改正炉規法案では原則40年の運転制限制にするほか、事業者から申請があった場合、老朽化の評価結果などが審査され、問題がなければ運転延長が承認されると規定。既に40年が過ぎた原発でも、運転継続には法施行から3年以内に審査を受け、改めて可否が判断される。
 保安院の担当者は「実際の運転継続には、改正炉規法による審査のほか、ストレステスト(安全評価)や活断層の連動性影響など多くのハードルがある。今後10年の運転が許可されたわけではない」としている。【奥山智己】


未曽有の大被害を受けても、この國はなにも変わりません。
政権交代が起きて、国民生活が一番と言う民主党を選んでも、なにも変わりません。
既得権益の守護神、官僚政治を全く突き崩せません。

経産省は今までのやり方を変えること無く、続けています。
原子力ムラの御用学者も性懲りも無く、続けています。
彼らは何の責任をとることも無く、何の反省も無く、事故前と変わらないように、続けています。
新しい仕組みが出来ていないから、事故を起こした古い仕組みをそのまま続けるのでは原発事故の反省が全くありません。
古い仕組みは新しい仕組みが出来るまで凍結すべきでしょう。

原子炉の心臓部、圧力容器は異常時に緊急炉心冷却装置が働くと、原子炉が破損する恐れがある、いわゆる圧力容器の脆弱性が指摘されています。
また、古い原子炉ほど、強い放射能を浴びて圧力容器は脆くなると言われています。
脆弱性ワースト7は1位玄海1号、2位美浜1号、3位美浜2号、以下大飯2号、高浜1号、敦賀1号、福島第一1号です。
今回審査された美浜2号原発は堂々の3位の危険性を持ちます。
美浜1号、敦賀1号,事故中の福島1号は既に40年を超え、今回の美浜2号は今年7月40年を迎え、再稼働問題の大飯1号を含め、すべて30年超えです。
圧力容器の設計耐用年数は30年から40年と曖昧にされています。
恐らく当初30年であったものを、稼動継続したいために40年に引き延ばしているのでは無いかと思います。
原子炉の減価償却年数は16年、法律では16年なのです。
16年で元がとれているので、それを超せば丸儲け状態、甘い汁なのです。
原子炉を長く動かせば動かすほど儲かるから、電力会社は出来るだけ動かそうとするのです。
そうでは無く、設計時の耐用年数でスパッと廃止するのが、未曽有の被害をもたらすかも知れない原発への適切な対応だと思います。
減価償却後、14年も丸儲けできているから、もう十分では無いかと思うのですが、30年が40年、更に60年稼動維持へと壊れるところまで原子力ムラの強欲は止まりません。
54基中、19基が30年を超え、老朽領域に入っています。

保安院に対して、民主党政府のガバナンス、野田首相、枝野経産相の意志は全く感じられません。
野田首相は記者会見で脱原発の方針と言いながら、原発40年超稼動容認は言っていることとやっていることが全く違います。
脱原発の方針なら、原発を減らしてくためには、設計耐用年数を超えた原発から廃止するのが当然のやり方で、40年超稼動は認めないのが筋です。
脱原発で無くても、少なくとも新しい規制庁ができるまでペンディングするのが常識でしょう。

野田首相は脱原発と言いながら、今後のエネルギー政策で今を維持する案を含め、数案提示すると言っていました。
再稼働は政治決断と言いながら、脱原発は国民的議論は大いに矛盾します。
今回の対応を見ると、野田首相の脱原発の意志は強くなく、むしろ、原発ムラ寄りというのが本音ではないでしょうか。
スポンサーサイト


<美浜原発>2号機 40年超も認可 炉規法改正では再審査毎日新聞 6月6日(水)21時56分配信 経済産業省原子力安全・保安院は6日、7月に運転開始から40年を迎える関西電力美浜原発2号機(福井県美浜町、50万キロワット)について10年間延長することを了承した?... ...

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。