≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

再審開始―検察の異議はおかしい
朝日新聞社説 2012年6月8日(金)付
 15年前にあった東京電力の女性社員殺害事件で、無期懲役刑が確定したネパール国籍の元被告について、東京高裁は裁判をやり直すことをきめた。
 疑わしきは被告人の利益に、という裁判の鉄則をふまえた判断だ。検察側の求めに応じ、十分に主張・立証させたうえで導き出した結論でもある。
 にもかかわらず、検察はただちに異議を申し立てた。理解しがたい対応というほかない。
 元の裁判でも一審は無罪だった。二審で有罪になったが、証拠関係はいかにも脆弱(ぜいじゃく)で、疑問はくすぶり続けた。
 裁判をやり直すか否かをさらに争っても、検察はもちろん、刑事司法全体への不信を一層深めるだけだ。不祥事を受けて昨年制定した「検察の理念」で、「有罪そのものを目的とする姿勢」を厳しく戒めたのに、あれは口先だけだったのか。
 再審開始の決め手の一つは、被害者の体内に残った体液だった。そのDNA型と、殺害現場の部屋にあった第三者の体毛の型が一致し、高裁は「被害者と第三者が部屋で性交渉した可能性を示す」と判断した。有罪の前提だった「被告以外の男が部屋に入ったとは考えがたい」との認定に疑いが生じた。
 この体液は、事件当時は血液型が鑑定されただけで、DNA型は調べられていなかった。捜査を尽くしていれば、と思わずにはいられない。
 問題はそれだけでない。
 体液が冷凍保管されているのを検察側が明らかにしたのは、再審請求の弁護人が証拠開示を求めた3年8カ月後だった。さらに遅れて、別の遺留物についても弁護側に有利な警察の鑑定書が存在することがわかった。
 あまりにひどい話だ。
 どうしてもっと早く開示しなかったのか。裁判所もなぜ、もっと強く促さなかったのか。省みる点はたくさんある。
 驚くのは、「それでも体液がしっかり保管され、開示されたのだから良かった」との声が専門家から聞かれることだ。他の同種事件がおかれている厳しい状況をうかがわせる。
 一連の刑事司法改革で法律が改められ、裁判員裁判などでは証拠隠しができないようになった。検察当局の意識も変わりつつある。だが再審請求段階については定めがなく、現場の運用にゆだねられている。早急な手当てが求められる。
 真相を解明し、無実の人を罰しない。それは、検察官、弁護人、裁判官の立場をこえて、刑事裁判に関わるすべての人の、そして社会の目標である。


疑わしきは罰せず、疑わしきは被告人の利益、その大原則が,何故か小沢氏の件では適用されません。
マスコミのまさしくダブルスタンダードです。
と言うより、小沢氏だけ例外にしています。

村木事件とどう違うというのでしょうか。
地検特捜部の執拗な捜査でも不起訴、検察審査会の議決を受けても不起訴、捏造報告書で2度目の議決で強制起訴されても、一審は無罪です。
検察も認めた根底に流れる「有罪そのものを目的とする姿勢」を村木事件よりももっと強く感じます。

検察の意義はおかしいとありますが、小沢裁判の検察役弁護士の控訴に関して,何故おかしいと言わないのでしょうか。
検察役の弁護人はこれまで、被告人の為に活動し、疑わしきは被告人の利益という大原則を尊重してきたはずです。
なのに、彼らはその大原則に従わないのか、意味が分かりません。
彼らに矜持というものはないのか、それとも見えざる圧力に屈しているのか、1審の裁判官の判決文と言い、非論理的で不条理な世界が広がっているように思います。

小沢氏だけを例外にするという理由がどこにも出てきていません。
政治家は別とするなら、基本的な人権を侵害するという由々しき大問題です。
それだけでなく、検察の組織的脱法行為を正せないとすると、検察官僚の絶対権力を認めることにもなります。
(お上とでも言うか)何らかの暗黙の力が働き、小沢氏を政界から抹殺すべしと言う暗黙の了解が大マスコミにあると思えてきてなりません。
スポンサーサイト


再審開始―検察の異議はおかしい朝日新聞社説 2012年6月8日(金)付 15年前にあった東京電力の女性社員殺害事件で、無期懲役刑が確定したネパール国籍の元被告について、東京高裁は裁判をやり直すことをきめた。 疑わしきは被告人の利益に、という裁判の鉄則をふまえ... ...

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。