≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

<大飯原発>政府が再稼働を正式決定 福島事故後初
毎日新聞 6月16日(土)11時40分配信
 野田佳彦首相は16日午前、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をめぐり、同原発が立地する福井県の西川一誠知事と首相官邸で会談した。西川知事は再稼働に同意する意向を表明。これを受け、首相は枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚との会合を開き、「立地自治体の理解が得られた今、再起動を政府の最終判断としたい」と述べ、再稼働を正式決定した。
 昨年3月の東京電力福島第1原発事故以来、定期検査で停止した国内の原発が再稼働するのは初めて。
 政府の決定を受け、関電は16日午後、再稼働に向けた作業に入る。関電によると、先に再稼働させる3号機がフル出力に達するのは最短で7月8日。4号機は最短で7月24日、遅ければ8月2日としている。ただ、沖縄を除く全国で7月2日(北海道は7月23日)に始まる節電期間には間に合わず、電力需要がピークとなる真夏にフル稼働できるかも微妙だ。
 国内の原発は現在50基(廃炉の福島第1原発1~4号機を除く)。北海道電力泊原発3号機が5月5日に運転を停止して以来、国内では42年ぶりに「原発ゼロ」の状態が続いてきたが、約2カ月で終わる見通しだ。
 西川知事は会談で、安全技術の向上▽中間貯蔵対策▽日本海側の地震・津波調査▽原発運転期間の統一ルールの策定--など8項目を要望。そのうえで「国の安全確保への一層の努力と支援を約束いただいた。主な電力消費地である関西の生活と産業の安定に資するため、同意する決意を伝えたい」と表明した。首相は「知事の決断に深く感謝したい」と述べた。
 首相は続いて開いた関係閣僚会合で「政権として国民の原子力行政、安全規制への信頼回復に向け、さらなる取り組みを進めていく決意だ」と強調。枝野氏は「起動作業では安全に遺漏なく万全を期すよう関西電力に直接伝える機会を早期に持つ」と語った。
 政府は4月中旬の閣僚会合で、大飯原発が福島第1原発事故後に策定した安全基準を満たしていると認定。これまで関電が講じてきた安全対策を是認し、夏の電力需給を安定させるためにも再稼働が「妥当」と判断した。
 政府は当初、立地自治体の福井県とおおい町の理解を得て、5月の大型連休明けにも再稼働に踏み切る方針だった。しかし、大阪市の橋下徹市長ら周辺自治体が反発したため、細野豪志原発事故担当相らが関西広域連合に2度にわたり説明に訪れ、事実上の容認を取り付けた。
 一方、西川知事は、首相が国民に直接説明するよう要求。首相が今月8日に記者会見し、「国民生活を守るために大飯原発を再起動すべきだというのが私の判断だ」と明言したことを受け、福井県とおおい町が同意に向けた手続きに入っていた。西川知事が会談で同意したことから、首相は再稼働の環境が整ったと判断した。
 政府は大飯以外の原発についても、安全性と必要性の両面から再稼働の是非を検討する方針。しかし9月までに原子力規制委員会が発足することから、今後の再稼働判断は、同委が新たに策定する安全基準に沿って行う見通しで、時間がかかることになりそうだ。
【笈田直樹、丸山進】


<最初から利権誘導政治により原発再稼働ありき>
消費税も原発再稼働もよく似ています。
両方とも、最初に結論ありきで、賛成者の中で物事が決められ、公の場に出てきたときには結論になっていて、反対者の意見は馬耳東風です。
国民にメリットデメリットの情報を与え、国民の議論を反映させながら,成案を作るなんて気はさらさら無く、官僚と決めたことを如何に誘導するかだけしか考えていません。
官僚は利権誘導政治の要、国民の意志を無視して、彼らの利益のために、独断専行する政治が、政権交代してもなお、続くのです。

<福井県と政府のやり取りは仲間同士の猿芝居>
福井県と野田政権のやり取りはまさに、同じ穴のムジナ同志の猿芝居、原発利権の仲間たちのやり取りは、不愉快そのものでした。
最初からお互い、再稼働推進なのに、そんな三文芝居なんか要りません。
ボールは常に原発利権者のなか、唯一、周辺自治体に移りそうになったときは脅迫をし、良心が垣間見えた原子力委員会は仲間はずれにし、ボールは離しませんでした。

消費税と同様、決定の過程の中に国民は完全に不在です。
この国に民主主義は不在なのです。
スポンサーサイト


<大飯原発>政府が再稼働を正式決定 福島事故後初毎日新聞 6月16日(土)11時40分配信 野田佳彦首相は16日午前、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をめぐり、同原発が立地する福井県の西川一誠知事と首相官邸で会談した。西川知事は再稼働に同意す... ...

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。