≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

大飯原発で警報器作動 公表遅れ陳謝、関電を指導
 関西電力と経済産業省原子力安全・保安院は20日、福井県おおい町で記者会見し、再稼働準備中の大飯原発3号機(おおい町、118万キロワット、加圧水型軽水炉)で19日夜、発電機の冷却タンクの水位低下を示す警報器が作動したと発表した。
 外部への水漏れなどはなく、環境への影響はないという。政府が16日に大飯原発3、4号機の再稼働を決定した後、トラブルが明らかになるのは初めて。
 関電と保安院は20日未明、県とおおい町に通報したが、報道機関への一報は午前8時半すぎ。記者会見は発生半日後の午前11時からとなった。保安院は発表の遅れを認め陳謝した。牧野聖修経産副大臣は保安院の黒木慎一審議官を厳重注意し、関電には迅速な発表を徹底するよう指導した。保安院の森下泰・地域原子力安全統括管理官は「特別な監視体制の中、国民への理解を得るためには県や町への連絡と同じタイミングで発表すべきだった」と謝罪した。
 一方、関電は「本来は公表基準に当たらない軽微な事象だ」として、同じ程度のトラブルは定例記者会見でまとめて発表する見解をいったん示したが、指導を受けて撤回、迅速に公表する方針を言明した。
 福井県の西川一誠知事は「必要情報をオープン、迅速に国民に知らせることが重要。保安院は(再稼働前の)特別な監視体制の意味を認識し、しっかり対応してほしい」とのコメントを出した。
 警報器は19日午後9時51分に作動。タンク内の水位が基準値より10センチ下がると検知する設定だった。作業員が目視で点検したところ、水位は基準値より約5センチ低い状態だった。同55分に警報を解除した。関電は「タンク内の水の流れで一時的に水面が上下し警報器が作動した。安全上問題はなく、(公表を義務付けた)法令上の異常事象ではない」としている。
 タンクに接続された配管の一つからわずかな水漏れが確認されたが、関電は水位変化の原因ではないとしている。
 発電機は運転停止中だが、冷却タンクは設備の維持のため、再稼働準備作業前から水を流していた。冷却タンクは原子炉から独立しており、放射性物質は含まれていない。


こんな東電、政府保安院に原発を任せて良いのか、大いに疑問を感じる出来事です。
こう言う一端に物事の本質が現れます。
再稼働は関電・財界の指示に従い政府が強引に進め、国民に関心が集中していて関電政府は慎重且つ緊張感を持って再稼働を進めていても、それでもトラブルが起こり、関電はそのことを隠蔽するし、特別監視すると言っていた監視も上手く行かなかった、何なんでしょう。
全国民が注目するなかで、原発ムラにとって問題なく再稼働させることが至上命令の筈なのに、トラブルを起こしたということは、そもそも、原発というものはトラブルは付き物、とても不安定な施設であることを再認識しました。
こう言う細かいトラブルを含め、事故は数知れずあって、数多くが隠蔽されてきたと容易に想像されます。

問題なく再稼働させる事にしたいが為、東電はトラブルを隠蔽しました。
些細か些細で無いかは、関電が判断する、此処にも独占企業の体質が出ています。
その事実を関電から伝えて貰えなかったとしたら、政府、特別監視だったのに、情けない限りです。
政府も電力会社と一蓮托生というより、電力会社の方が優位にあったと感じさせます。

こんな政府、電力会社に原発を委ねているのはとても危険に感じます。
スポンサーサイト


大飯原発で警報器作動 公表遅れ陳謝、関電を指導 関西電力と経済産業省原子力安全・保安院は20日、福井県おおい町で記者会見し、再稼働準備中の大飯原発3号機(おおい町、118万キロワット、加圧水型軽水炉)で19日夜、発電機の冷却タンクの水位低下を示す警報器が作... ...

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。