≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原発30キロ圏内で、地域防災計画が立てられようとしています。
方や、大飯原発では暫定基準で政府は再稼働を決定しました。
その理由がフクシマ原発並みの災害が起きても、メルトダウンしないからと言うものです。
そうしたら、防災計画もフクシマ原発並みになると言うことでないと論理矛盾を起こします。
フクシマ原発では30キロ圏外、飯舘村などでも強制的に避難させました。
もし、事故原因が終わっていない今の段階で防災計画を立て、フクシマ原発並みを想定するならば、防災計画は50キロ圏まで拡大しなければなりません。
政府は論理破綻しています。
もっと強風が吹けば、もっと爆発が大きく上空まで放射性物質が飛散すれば、被爆エリアは50キロをもっと越えてくかも知れません。
30キロ圏に疑問の声が殆どでないのは、不思議です。
フクシマの時、アメリカが言った80キロが妥当なのかも知れません。
80キロとすると、大阪の北部まで含まれ、避難対象人口は数百万人にも上ります。
広げると原発の立地そのものが無理だと言うことが分かるから、立地自治体から広げても30キロと狭くしておきたいのでしょう。

大飯原発の福井県防災計画を見ると、県東部へ避難する絵を示していました。
近いのは京都府であり、滋賀県で、県東部は隣接他府県よりも遠いのです。
おまけに若狭湾沿いのルートは原発銀座と並行することになり、極めて危険です。
政府が関与しないと、不合理な防災計画は是正できないと言う福井県に対して、政府は県がやることで政府が積極的に調整に乗り出す意志はないと答えていました。
政府が動かないなら、京都府や滋賀県に独自に声を掛け、協力をお願いするのが、多くの県民の命を預かる県の使命だと思うのですが、どっちもどっちです。
いざという時には京都府、滋賀県に避難民の受け入れをお願いしなければならない身なのに、再稼働反対の立場を取る京都府、滋賀県に対する、福井県の不遜な態度に腹が立ちます。
スポンサーサイト


原発30キロ圏内で、地域防災計画が立てられようとしています。方や、大飯原発では暫定基準で政府は再稼働を決定しました。その理由がフクシマ原発並みの災害が起きても、メルトダウンしないからと言うものです。そうしたら、防災計画もフクシマ原発並みになると言うこと... ...

愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。