≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベテラン運転で、万全な環境でオスプレイに乗るのは、安全に決まっています。
結局、米軍の言いなりを通すためだけのパフォーマンス、儀式に過ぎません。

アメリカは間に日本政府があるから、米国内で行えないようなことを平気でやってきました。
守って上げているからと言う理由で。
強いものにはからっきし駄目な日本政府であることにつけ込んで。
日本政府は上意下達の役目しかなく、アメリカの衣を借る狐です。
アメリカの為なら、国民を犠牲にしても良い、一体どっちを向いてるのでしょう。

事故率が少ないから安全と行っていますが、そもそも総研ではそれは重大事故であって、警備を含む全事故であれば5倍以上の事故率で到底、安全とは呼べません。
重大事故でも、取り替えていくというヘリ輸送機の2倍以上です。
これは日本政府の都合良い情報だけ出して騙すと言う常套手段です。
操縦が難しいから事故が多いのです。
ヘリから飛行機モードに移すときが一番危険で、速度を出すため滑走路から大分離れた位置でそれは行われます。
普天間基地ではその区間は市街地上です。
普通ヘリはエンジンが止まってもローターが風を受けて廻り、不時着出来るのですが、オスプレイは重すぎて且つローターが小さすぎて、落下してしまう危険が指摘されています。
だから、有人でその実験が成されたことは無いそうです。
知事や市長を乗せて、エンジンを止めてどうなるか、試してみたら安全か危険か分かります。
だから、沖縄が断固として反対しているのです。

日米安保で必要というなら、百歩譲って、オスプレイを飛ばしても良いが、その際は米国民と同様に権利を与えるのが条件です。
飛行コースの環境アセスメントなどが必要です。
低空飛行は厳禁、モード切替は市街地内禁止、飛行訓練コースの自治体への事前承認等々も必要です。
米国内ではオスプレイの訓練はしていないと聞きます。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。