≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野田首相:「16日衆院解散」を党首討論で表明-投開票は12月16日 (2)
  11月14日(ブルームバーグ):野田佳彦首相(民主党代表)は14日午後、自民党の安倍晋三総裁との党首討論で、16日に衆院を解散する方針を表明した。野党との党首討論で解散日時を明言するのは異例。民主党内では早期解散への反対論が噴出していた。これを受け、政府・民主党は12月4日公示、16日投開票とする衆院選日程を決めた。
野田首相は安倍氏との討論で、民主党が法案として提出した衆院比例定数の40削減案に賛同するよう求めた。仮に今国会で結論を出せない場合でも「ここで国民に約束してほしい、それまでの間は議員歳費を削減する。定数削減は来年の通常国会で必ずやり遂げる。この決断をしてもらえるならば、私は今週末の16日に解散をしてもいいと思っている」と語った。
これに対し、安倍氏は「私たちは選挙公約で定数削減と選挙制度の改正を行っていくと約束している。今、この場で約束します」と応じた。首相は「早く結論を出す、協力してやりましょう。そのことをもって私はいずれにしても、その結論を得るため16日に解散をします」と明言した。
藤村修官房長官は午後の会見で、党首討論での両氏の間で解散の合意がなされたと受け止めるかとの質問に対し「明らかにそういうことであると私は受け止めている。しっかりと『します』と決意表明した」と説明した。


野田首相は、小沢派の意見を聞かず、最後には執行部の意見も聞かず、自分の都合で解散しました。
嘘つきと呼ばれるのが余程いやだったようです。

小沢、鳩山の主流派を追いやり、官僚に取り込まれ、消費税増税を行い、決める政治と言って、自民党の政策を丸呑みしました。
増税など、総理として人がやれない実績を歴史に残したと誇っているのでしょう。
全て、自分のためのように思います。

消費税も定数削減も自民党と同じ、なのに決める政治と言って、解散と引き替えなんて、お人好しも良いところです。
定数削減は次期国会でどうなるか分からないのに空手形で、身を削ったと自慢するのは、詐欺のようなものです。
身を切るのは特権階級の人数を少なくしてより偉そうにするのではなく、特権階級を無くすことで、給料がたった期限付きの2割カットでなく今より1/2〜1/3が先進国では常識です。

違憲状態で総選挙は、憲法を冒涜しています。
3ヶ月間、周知してから総選挙を行うべきです。
第3極が準備できないうちに総選挙しようと考えたようですが、その結果、大同団結を促しました。
また、政策が疎かにして、総選挙が行われ、選挙後また、ぐしゃぐしゃになるのが目に見えます。
時間を掛けて、富の再分配か弱肉強食か、対米従属か自主独立か、国のあり方、政策論議をもっと重ね、政治の質を高めることが大事なのに、その機会を消してしまい、いつもの政策より政局の政治が続くことになりそうです。
憲法違反で、700億円かけてやり直しになれば、自分たちの馬鹿さ加減に気付くでしょう。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。