≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「嘉田新党」を橋下氏「危険」 脱原発めぐり
産経新聞 11月27日(火)14時41分配信
 滋賀県の嘉田由紀子知事が脱原発を旗印に新党結成を視野に入れていることをめぐり、閣僚や各党関係者から27日、賛否について発言が相次いだ。
 日本維新の会の橋下徹代表代行はフジテレビ番組で「脱原発のグループはある意味、非常に危険だ」と指摘した上で、「鳩山由紀夫元首相は(沖縄県の米軍)普天間飛行場を『最低限でも県外(移設)』と言った。言うのは簡単だが、結局できなかった。普天間飛行場の県外移設と脱原発は今、同じ状況だ」と述べた。
 嘉田氏は、国民の生活が第一や減税日本・反TPP・脱原発を実現する党との合流を検討している。みどりの風の谷岡郁子共同代表は同番組で、「嘉田新党」の合流について「悩んでいる。さまざまな場合に応じたオプションを作って対応可能にしている」と述べるにとどめた。
 「嘉田新党」をめぐっては、前原誠司国家戦略担当相が記者会見で「民主党は2030年代に原発ゼロを目指す。これが一番現実的かつ具体的な道筋だ」と強調。三井辨雄厚生労働相は「自分の今の公務をしっかりやるべきだと思う」と疑問を呈した。
 一方、国民の生活が第一は27日夕、「嘉田新党」に合流するかどうかを決める常任幹事会を開く。


橋下氏は前日、歓迎すると言いいましたが、翌日になると危険だと言いました。
第三極の票がごっそり頂けると思っていたのが、新たな第三極が出来て、票を奪われるから危険だというのが本音でしょう。

最低でも県外と言うから、達成出来たか出来ないかの評価が出来、次はそこには任せないとなるのです。
脱原発という目標を明言せず、違うものになったら、評価も出来なければ責任もありません。
国民世論とは違う方向に向かうことの方がよっぽど危険です。
脱中央官僚ができると豪語するなら、ちゃんと具体の方法と工程表を示して欲しいものです。
官僚が権力を握る国政で、権力を持つ知事や市長でやったことが通じるとは思いません。
脱官僚を実行に移そうとした結果が、官権に狙われ、権力の座を追われた小沢氏であり、鳩山氏です。

官僚依存の既成政党は保守右寄りになった安倍自民、リベラル傾向がポーズも実態は保守の野田民主、脱官僚依存の第三極は新自由主義の橋下維新の会、リベラルの未来の党とハッキリ、色合いを示して欲しいと思います。
たくさんある争点は集約されると思います。
未来の党は卒原発が目印ですが、リベラルも旗印に加えて、維新の会との差別化を図って欲しいものです。
戦闘的な人は維新の会に投票しますが、優しい人は未来の会に投票するでしょう。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。