≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

<民主党>公約達成平均2.2点 毎日新聞とNPO検証
毎日新聞 11月24日(土)2時32分配信
09年民主党マニフェストの実績検証
 毎日新聞は23日、民主党の09年衆院選マニフェスト(政権公約)がどの程度実現したかの実績を、政策の評価・検証を行う非営利団体・言論NPO(工藤泰志代表)と合同で検証し、結果をまとめた。55項目の政策目標について、通信簿のように5点を満点として1~5の5段階で評価したところ、平均点は2.2点。分野別では「子育て・教育」が3.2点と最高で、「外交」が最低の1.6点だった。政権交代の意義を実績で示したとはいえない厳しい結果となった。
【何ができて何がダメだったか】民主党公約をすべてチェック
 採点は政策が実現したかの形式的評価に加え、政策的な効果がどの程度あったかの実質的評価も加味した。評価基準は、未着手「1」、着手したが実現の見込みなし「2」、進行中・大部分で実現「3」、実現し政策効果がある程度あり「4」、実現し政策効果がおおいにあり「5」。
 7分野別の平均で、「子育て・教育」の評価が高かったのは、予算をつければ形式的には実現する政策が多いためとみられる。一方、既得権に切り込み予算を組み替える「ムダづかい」(2.2点)や、現行制度を構造的に変える「地域主権」(2.3点)は低い評価にとどまった。
 55項目の政策目標でみると、修正も含めて形式的に実現したことを示す「3」以上は約33%の18項目だった。マニフェスト政策は、約3割が「実現」したといえる。ただし、このうち政策効果を含めて実現した「4」以上は約7%の4項目にとどまった。民主党が自己評価で「実現」とした項目も、課題解決に向けた政策効果が小さいものは厳しい評価とした。
 5は「生活保護の母子加算復活」の1項目、4は「公平で、簡素な税制をつくる」「公立高校を実質無償化」「全量買い取り方式の固定価格買い取り制度」の3項目だった。
 マニフェスト選挙は政策の具体的目標を示すことで、政権獲得後にどこまで実現できたか検証可能になり、次の衆院選で評価の対象になる。民主党政権の検証を受け、次は各党が今回の衆院選でどのようなマニフェストを有権者に示すかが問われることになる。【まとめ・野口武則】


野田首相は選挙演説で、書いてることをやり、書いていないことはやらないと言いました。
消費税増税は書いていないことをやりました。
これは、明らかにマイナス点です。
公約達成率は100点満点に直して44点はあまりに高すぎます。
政治主導を実現出来なかったことが、マニフェスト達成の妨げになりました。
マイナスも加味すれば、10点くらいが妥当でしょう。

民主党のマニフェスト違反でマニフェストの信用が失墜し、また具体に書かないマニフェストが多く出そうですが、書いたもので評価するのが唯一評価できる方法です。
検証できない具体性の無い公約は、自公政権時代のお任せ民主主義への後戻りです。
目標だけで無く、財源、ロードマップまで含めたマニフェストが求められていると思います。

安倍総裁:国防軍改編時には交戦規定を整備
毎日新聞 2012年11月25日 21時51分(最終更新 11月25日 22時02分)
 自民党の安倍晋三総裁は25日、テレビ朝日の番組で、自衛隊について「憲法9条の1項と2項を読めば、軍は持てないという印象を持ち、分かりにくい。詭弁(きべん)を弄(ろう)することはやめるべきだ」と述べ、自衛隊を「国防軍」に位置づけ直す必要性を改めて強調した。
 自民党は衆院選公約で憲法9条を改正し自衛隊を「国防軍」にすることを掲げており、安倍氏はこうした党方針を踏まえて発言した。
 安倍氏は「自衛隊をきちんと軍として認め、そのための組織も作り、海外と交戦するときには交戦規定にのっとって行動する。シビリアンコントロール(文民統制)も明記する」と指摘。自衛隊を国防軍にする場合は、戦闘時の武器使用基準などを定めた交戦規定を整備する考えも明らかにした。
 自民党公約は、憲法改正について「平和主義は継承」とする一方、集団的自衛権の行使や国防軍の保持を掲げた。
 4月に発表した憲法改正草案でも、戦力の不保持と交戦権の否認を定めた憲法9条2項を、集団的自衛権の行使を容認する表現に見直す考えを示した。
 一方、野田佳彦首相は25日、同じ番組に出演し、自衛隊を国防軍にすることについて「名前を変えて中身が変わるのか。大陸間弾道弾を飛ばすような組織にするのか。意味が分からない」と語った。【鈴木美穂】


安倍総裁は、憲法改正して、国防軍にすると言っていますが、戦争を仕掛けない限り、迎え撃つ限り、自衛隊と国防軍に大きな隔たりがあるとは思えません。
そのために、憲法改正は全く頓珍漢です。
憲法改正自体がそれ自体大きな争点であり、意味のない国防軍という名称変更のために改正は、本末転倒です。
安倍総裁は、やらないことしか書かないと言っていますが、憲法改正は衆参の2/3以上の賛成が必要です。
公明党が反対しており、実現するとは思えません。
公明党も安倍自民党とは水と油くらいに根本が違うはずです、自分に嘘を付かず分かれるべきです。
どうやって実現するか、右翼の石原氏と連携し、維新の会と結託するのなら、それを公約に明記すべきです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。