≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「結論覆す」、決意の反論=高校生8人、入試中止で会見―大阪市
時事通信 1月21日(月)22時35分配信
 大阪市教育委員会が橋下徹市長の要求通り、市立桜宮高校の体育系2科の入試中止を決定した21日夜、同校3年の男子生徒2人と女子生徒6人が記者会見に臨んだ。「私たちは納得いかない」「学校を守りたい」。8人は「まだ結論を覆せるかも」と、橋下市長と市教委に対し、決意の反論を展開した。
 市役所5階の記者クラブで午後7時半から1時間余にわたった会見。8人はいずれも運動部の元キャプテン。制服のブレザー姿で横一列に並んだ。
 「体育科に魅力を感じて受験したいと思う生徒がほとんど。普通科に回されるのは、私たちは納得がいかない」。女子生徒が口火を切った。橋下市長が同日朝、全校生徒を前に説明したが、「具体的な理由がなく、私たちの声も十分に聞いてくれなかった。思いは1時間で話せるわけがない。『生徒、受験生のことを考えて』と何度も繰り返したが、在校生と受験生のことを考えたらもっと違う結果があったんじゃないか」と訴えた。
 橋下市長が体罰の背景に「生徒たちも容認していた」「勝利至上主義」などと発言していたのに対し、女子生徒は「容認していないし、勝つことだけが目標ではなく、礼儀など人として一番大切なことを教えてもらっている」と反論。自殺問題について「心の傷は深く、重く受け止めている。傷を癒せるのは先生」として教諭の総入れ替えにも反対し、「多くの生徒が学校を守りたいと思っている」と強調した。
 男子生徒は「今回の結果が覆せるんじゃないかと、強い思いを持ってきた」と会見の動機を語った。別の女子生徒も「今まで続いている伝統は今でも正しいと思っている」と力説した。


テレ朝出演の尾木ママを見ていました。
何の根拠があって、記者会見の子供たちを悪者一味扱いするのでしょう。
あの発言は、近所のおばさんが井戸端会議で、悪口を言っている、そんな感じに見え、とても教育評論家の言葉とは思えませんでした。
誰かの差し金であったとしても、子供たちを侮蔑の目で言い切るのは、教育者として失格です。
証拠がない限り、クラブの元キャプテンたちが自発的に言っていることを前提として、背景も考えての優しい対応で発言すべきです。

クラブ指導で暴力が横行していて、その暴力が原因で子供が自殺したということは、単純に、教師による暴力に頼る指導を無くすればよいのです。
体育クラブで覇気が無いことやミスをすることで、何故暴力を振るわなければ行けないのでしょうか。
ミスや失敗は罰則なんでしょうか。
指導で暴力を振るうのは、体罰でも無く指導でも無く、単に暴行です。
幼児期に親から叩かれたりしたことはありますが、物心が付くようになって、家庭内で暴力を振るうのはDVであり、ふつう暴力を振るわれたら犯罪であり、犯罪を犯して刑務所に入っても、罰として暴力を振るわれることもありません。
教師だけが例外で、暴力を許されるはずもありません。
暴力、そのものをしてはいけない、それを徹底すれば良いだけの話しです。
子供の死を教訓に、暴行させないことを先ずクラブ活動で徹底することです。
さらに、全校一丸となって、暴行はしない、させない、それだけで良い筈です。
体育科に話しを広げ、入試中止する意味が全く分かりません。


橋下市長の短絡的、強権的手法のパフォーマンスに振り回されただけ、子供が一番の被害者です。
外から押しつけで変わるわけもなく、中から変わらないと芯から変わりません。
中から体罰を無くす、暴行を無くすという動きが見えてこない、教師たち、子供たちの発信力が弱いことの方が問題です。
上からの押しつけ・縛り、管理教育、覚えるだけの詰め込み教育、正解だけを求める教育の弊害が、子供や先生の自主性や創造力、行動力の無さを生んでいるのではないかと思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。