≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「協同労働」という働き方
あす(7日)のクロ現は、「働くみんなが“経営者”~雇用難・不況の時代を切り拓くか?~」です。
みなさんは、「協同組合」ってご存知ですか?
協同組合というと、最初に思い出すのが、生活協同組合ですが、
不況が続き、企業の雇用がなかなか回復しない中、
協同労働の協同組合という仕組みに、
混迷の時代を乗り越える力があるとも言われています。どういうことでしょうか?
さっそく、プレビューを覗いてきました。
まず、VTRを見て、驚くのが、「この人も経営者」「この人も経営者」と
働く人が紹介される清掃会社。
みんなが経営者って、どういうこと?と思わずにいられません。
この職場では、自分たちが出資して、自分たちで仕事をみつけて
経営していく「協同労働」という仕組みで動いているのです。
VTRに登場する豆腐店では、一人5万円を出資すれば、
誰でも経営者になれ、製造だけなく商品開発や経営方針、
そして月々の給料も自分たちで決めるのだといいます。
こうした「協同労働」の職場では、「すべての議論で決める」
「地域の課題解決で仕事おこし」などのポイントがあり、
この豆腐店では、地域に密着して、ひとり暮らしの高齢者向けに、
お弁当の宅配サービスも始めているといいます。
こうして地域に密着した仕事を新たにおこしをすることで、150人もの雇用を生み出しています。
協同労働は、日本全国に広がり、その数は、1000を超えるといいます。
また、世界に目を転じると、世界でもっとも注目されるスペインの協同組合、
「モンドラゴン協同組合」は、スーパーマーケットの経営だとでなく、家電の製造・販売など、
280を超える事業を手がけ、組合員は、8万3000人にものぼるといいます。
いわゆる一般企業では、働きがいを感じられない人も、
こうした協同労働の場では、イキイキと働いているといいます。
グローバル経済の発展とともに、格差が拡大していく中、
どうやってこの問題を解決できるのか。
もしかしたら、「協同労働」に解決のヒントがあるのかもしれません。
ぜひ、ご覧下さい。

働くみんなが“経営者” 
~雇用難の社会を変えられるか~

出演者
富沢 賢治 さん
(一橋大学名誉教授)
「雇う」「雇われる」の関係ではなく、働くみんなが“経営者”として、全員が納得いくまで経営方針を話し合い、自分たちの給料も決める。こうした「協同労働」という働き方が注目されている。埼玉県深谷市では、主婦10人が「協同労働」で豆腐屋を設立。配食、介護など次々に事業を拡大し年商3億7千万円を達成、地域経済の大きな柱になっている。スペインでは、8万3000人を有する巨大な協同労働組織「モンドラゴン」が、経済危機の真っ直中でも急成長を続けおよそ2千人近くの雇用を創出。家電製造、銀行、流通など280種類以上もの業種を経営している。さらに最近では、一般企業の就職から押し出された若者たちが数多く協同労働に従事し、これまで得られなかった労働意欲や“やりがい”、将来の希望を手にしているという。協同労働とは、いったいどんな働き方なのか?閉塞した時代を切り拓く新たな手がかりとなるのか?その可能性を探る。


今日のNHKのクローズアップ現代、働くみんなが“経営者” ~雇用難の社会を変えられるか~は面白かった。
東西冷戦の決着で、資本主義、市場経済が、今まで良しと思われていたものが、多くの弊害を抱え、行き詰まっています。
最大の問題は、資本主義や市場経済は、格差を究極まで助長し、人を苦しめるまで金儲けするなど、民主主義と相矛盾するシステムとなっていることにあります。
働くみんなが経営者、興味深いシステムです。
スペインの場合は給料格差は5倍以内としています。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。