≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


橋下市長、桜宮高体育科とスポーツ健康科学科の入試中止すべき…バスケ部主将自殺問題
 大阪市立桜宮高バスケットボール部の男子生徒(当時17歳)が顧問(47)の体罰を受けた後に自殺した問題で、橋下徹市長(43)は15日夜、今年の市立桜宮高の体育科とスポーツ健康科学科の入試を中止すべきとの考えを表明した。大阪市教育委員会は同日、体罰があった同校のバスケット部とバレーボール部の活動を無期限停止することを決定しており、顧問の愚行が、在校生の学校生活だけではなく、入学希望者の進路をも左右しかねない異例の事態となった。
 3時間20分に及んだ対策会議後、橋下市長は極めて険しい表情で会見に臨んだ。自殺者が出た体育科(定員80人)とスポーツ健康科学科(同40人)の生徒募集について、今年度は「いったんやめるべき」と市教委に要請。「勝利至上主義のために、学校全体で今回のような指導が黙認されてきた。このままだと、今までと同じ意識で生徒が桜宮高校に入ってきてしまう」と述べた。
 橋下市長は代替案として、学区が限定される同校の普通科定員を、120人増やして募集することを提案。体育科とスポーツ健康科学科は府内全域からの受験が可能なため、増員分については同様に全域からの受験を認める方針を示した。しかし願書提出日が来月中旬に迫っており、入試中止となれば受験生の混乱が予想される。決定権を持つ市教委の永井哲郎教育長は「影響が大きい。即断できる内容ではない」と述べ、今月21日に結論を出すこととした。
 橋下市長は「この期に及んで混乱を生じさせないためなんてのは、理由にならない」と語気を強めた。顧問の体罰が常態化していたことなどから、「僕自身は廃校もありうると思っていた。でも在校生もいるから、そこまでは言わない」とまで主張した。
 この日、決定したバスケット部とバレーボール部の活動無期限停止については、指導の在り方を抜本的に見直す同校の今後の取り組みを検証した上で、部の存廃や活動再開の可否を市教委が判断する。同校では既に文化系を含むすべての部活で練習や大会への参加を自粛。文化系の部活は16日から活動が再開されるものの、顧問による体罰問題は、このような在校生への影響にとどまらず、何の落ち度もない入学希望者に、進路変更を強いることになりかねない異例の事態に発展した。

 「スポーツ指導の場で手を上げることは一切禁止する」と、部活動での指導の徹底的な見直しも表明し「こんなことで募集を続けるとなれば大阪の恥だ」とも語った橋下市長。「受験生には申し訳ないけど、入試の機会を奪うわけじゃない。命をなくすことを考えたら、普通科か体育科かの違いなんて小さい」と述べたが、そもそも問題の発端は顧問の体罰にある。入試が中止されれば受験生に与える影響は極めて大きく、波紋を広げそうだ。


クラブ活動の指導で、暴力を無くせば良いだけの話しです。
部活で顧問の意志に合わないことが、罰の対象ではなく、やっていることは暴力に過ぎません。
法律で体罰ですら禁止されており、ましてや暴力は刑事犯罪です。
指導という名を借りた暴力を、徹底的に排除するだけです。
実際、桜宮の部活では、暴力をした顧問は交代し、他は誓約書を取り付けて開始となるみたいです。
必然の解決法が早くも行われようとしています。
市長の言語道断の圧力で入試を止める、辻褄合わせの看板を書き替えるなどは全くナンセンスです。
暴力顧問に似た市長の見せしめ的・パワハラ的手法によるパフォーマンスで多数の被害者が出てしまいました。

暴力指導を受け成功体験のものが指導者となり暴力が再生産されてきました
暴力指導を断ち切るには、親とか子供とか影響を受ける側で無く、影響を与える側、暴力顧問を無くすことです。
それには、日体大など、体育系の大学で、非暴力による指導法のカリキュラムが必要と思いますし、サッカーの監督のように、指導者として、研修を行い、試験に合格したを者だけが指導できるようなシステムにした方が良いように思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。