≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ローソン、年収を3%引き上げへ  新浪社長が安倍首相に賛同で
ローソンは7日、20歳代後半~40歳代のグループ社員の年収を、平成25年度に平均3%上げると発表した。年2回の賞与に上乗せする形で平均15万円を支給する。
 対象者はローソン本体と、「ローソンストア100」を運営する九九プラス、ローソンHMVエンタテイメントの計約3300人。中学生までの子供がいる社員はアップ率を高くし、働き盛りの世代の労働意欲を高める。
 ローソンの新浪剛史社長は政府の産業競争力会議のメンバー。安倍政権が掲げる経済再生策の一つ、賃金アップ要請に賛同して年収引き上げを決めた。


このニュースを見て先ず思ったのが、過剰に内部留保をせず、これまでずっと社員に分配してこなかったことへの疑問です。
恐らく、かなりの人がそう思ったと思いますが、マスコミはそれには答えず、ローソン良くやったという感じの報道になっています。
そんな美談では無く、そもそも内部留保して社員に分配しない企業経営者の方が誤っているだろうと思います。
戦後最長のいざなぎ景気ですら、賃金はずっと右肩下がりでした。
企業が過剰に内部留保せずに賃金として支払っていたら、景気は此処まで落ち込むことは無かったでしょう。

ローソンは輸出産業で無く、内需産業で、内需産業は輸出産業が儲けて給与を上げてから潤いもの、今、ボーナスアップは理屈に合わない話しで、出す余裕があるならもっと前に出すのが雇用者思いの経営者だろうと言いたいです。
安倍内閣のブレーンに入れてもらえたので、そのご祝儀にボーナスアップとは、労働者を愚弄しています。
本当に景気のため、社員のためを思うなら、収入増が継続するベースアップにしろと言いたいですし、そうして初めて誉められる行為です。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。