≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


特集ワイド:東日本大震災 巨大防潮堤、被災地に続々計画 本音は「反対」だが…復興が「人質」に 口閉ざす住民
毎日新聞 2013年02月06日 東京夕刊
 東日本大震災の被災地で、巨大防潮堤建設計画が進んでいる。高いコンクリート壁で海を覆えば、海辺の生態系を壊し、津波からの避難が遅れるとの指摘がある。防潮堤問題に揺れる被災地を歩き、失われゆく潮騒を聞いた。【浦松丈二】
 <計画堤防高さ TP+9・8m 高さはここまで>
 宮城県気仙沼市の大谷海岸に電信柱のような看板があった。荒れ地の中に青い海だけが広がる。TPとは「東京湾平均海面」だ。つまり、東京湾を基準に高さ9・8メートルの防潮堤がここに建つのだ。間近に見ると高さに圧倒される。この高さの壁がどこまでも続く……想像したらその重苦しさにめまいがした。9キロ南の海岸にはなんと14・7メートルの防潮堤が計画されている。
 気仙沼市民有志の「防潮堤を勉強する会」の発起人、酒造会社社長の菅原昭彦さん(50)が説明する。「防潮堤は2011年9月に宮城県の震災復興計画として最初に示されました。震災から半年しかたっておらず、これで確定とは誰も思わなかった。県と市は昨年7月から説明会を始めたが内容は当初のまま。しかも防潮堤の位置や形状は話し合えるけれど、高さは変えられないという。あまりに唐突、強引だった」
 住民は昨年8月から専門家を招いて「勉強する会」を計13回開き、毎回100人以上が参加した。だがあえて賛成反対を言わなかった。「私たち住民は復興の予算とスピードを人質に取られているようなもの。文句を言うことで復興全体が遅れることがあっては困るから」と説明する。
 同じ被災地でも地域によって実情は異なる。「工場や産業エリアなら防潮堤が高くてもいいが、海辺の景観で商売をしている所は問題になる。ワカメや昆布などの資源のある地域では生態系への影響が懸念される。でも、防潮堤計画には背後地の利用計画がセットにされていて、復興を進めようとしたら計画をのまざるをえないのです」
 話の途中、菅原さんの携帯電話に友人からメールが入った。「防潮堤各地でどんどん決まっていきますね。いいんですか。このままで?」とあった。年度末が迫り、県は合意形成を急ぐ。菅原さんは「県の担当者が『隣の人は合意した』と戸別訪問したことがあり、強く抗議しました。そんなやり方では、地域の信頼関係が壊れてしまう」と懸念する。
 多くの地域で防潮堤計画はなし崩し的に進んでいる。石巻市雄勝町立浜の銀ザケ・ホタテ養殖業、末永陽市さん(55)は「管理者の県が示した高さだから」と不本意ながら受け入れる意向だ。防潮堤は高さ6・3メートルと震災前に比べ約3メートル高くなる。


明日で、東日本大震災から2年が経ち、思い出したかのように、マスコミが特集を組んでいます。
復興もフクシマ原発も、殆ど報道されなくなり、日々のニュースをマスコミは追い続け、日本社会にとって重要でも無い、下らない事件や事故の記事で耳目を惹きつけています。
特集では復興が遅れている、原発事故は未だ先が見えないと、日頃、そのことを触れず、記念日のような扱いで報道しています。
その為、関心はだんだん薄れています。
復興を遂げる、事故が終息するまで、少なくとも毎月11日には定期的に、今日のような報道をすべきであると思います。
それが、被災地の復興を早めることであり、原発事故に報いることだと思います。

1000年に一度の津波のために、10mを越える高さの防潮堤を海岸に巡らそうとしています。
岩手県だけで2700億円だから、全体だと5000億円以上は掛かるでしょう。
防潮堤の耐用年数は60年、巨大津波が渡来せず、無駄になる可能性大です。
巨大津波が来るまで、何度も巨大防潮堤を作り直さなければ、絶対安全は守られません。
少なくとも、今度新たに作る巨大防潮堤は巨大津波を食い止めるという本来の役割を果たすこと無く、耐用年数を迎えるでしょう。
なんと、無駄なことをするのでしょう。
民主党はコンクリートから人へと言いましたが、安倍自民党は時代に逆行し、人からコンクリートへ後戻りしています。
その象徴が補正予算の全国の防災・減災の公共事業であり、被災地では巨大防潮堤事業です。
公共事業で復旧はできても、真の復興はできません。
真の復興は人への投資です。
そんな巨費をドブに捨てるのなら、被災地のまちづくりに使うべきです。
まちづくりは、国主導、県主導は勿論のこと、市町村主導でも無く、住民主導、人主体であるべきです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。