≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「催眠術に…」立川断層の誤り、おわびの教授
読売新聞 3月28日(木)16時51分配信
 「混乱を与えて申し訳ない」。人工物を岩石と取り違えるなどのミスが明らかになった立川断層帯の掘削調査。
 28日の記者会見で研究者はおわびの言葉を繰り返した。地元自治体は冷静に受け止めつつ、「市民は引き続き警戒を」と呼びかけている。
 「一種の催眠術にかかっていた」
 立川断層帯の地質構造を見誤った佐藤比呂志・東京大学地震研究所教授は、会見で謝罪の言葉を重ねた。佐藤教授とともに現場で調査にあたった石山達也同研究所助教も、「住民、社会に混乱を与えたことを申し訳なく思う」と頭を下げた。
 誤りの原因について、佐藤教授は「断層を予想していた場所に人工物があった」とした上で、「バイアス(先入観)があったと思う」と厳しい表情を浮かべた。
 佐藤教授は東北電力東通原子力発電所の敷地内の断層調査にもかかわっており、調査チームは今年2月、「活断層の可能性が高い」との報告書をまとめている。辞任の意向を問われ、佐藤教授は「資質がないので辞めろというなら職を辞したいと思うが、引き受けた限り、研究者として責任は全うしたい」と述べた。
最終更新:3月28日(木)16時51分


東大の権威とは、こんな軽いものですね。
石が縦に数個並んだだけで断層面と勘違いするとは。
発見したい(功績を挙げたい)一心が、石を断層と見誤るのでしょう。
断層は地層のズレが起きているはずで、テレビ画面を見ても、堆積物に地層を感じられませんでした。
素人にも分かること、コンクリ片ではないかと現場見学者の指摘で、気付いたそうです。

視野狭窄がちの専門家の判断は恐ろしい。
専門者会議や有識者会議で物事が決めるのは危険です。
一般人や専門外の有識者を相当数加えないと、適切な判断ができないというのも思います。

教授が言えば、チームも従うという日本の風土があると思います。
対等の関係は無く、上下、主従の関係になって、異を唱えず意見を押し殺してしまう、自由に意見を述べ合うという文化がないのも一因と思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。