≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


福島原発地下水、月内にも海へ 東電「安全性問題ない」
河北新報 5月8日(水)6時10分配信
 東京電力は福島第1原発の放射能汚染水対策として、敷地内でくみ上げた地下水を海に放出する方針を固めた。「汚染前の水で安全性に問題はない」とし、地元市町村や漁業関係者の了承を得て5月中にも踏み切る。
 構内では大量の地下水が1~4号機の原子炉建屋に流れ込み、原子炉冷却水と混ざって1日約400トンの放射能汚染水がたまり続けている。放水対象は建屋に流入する前にポンプでくみ上げた地下水で、「放射性セシウム137の濃度は1リットル当たり1ベクレル以下で通常の地下水と変わらない」(東電)としている。
 東電は13日の福島県漁連の組合長会議で方針を伝え、理解を求める。県漁連は「注意深く水質検査しながら行ってほしい」(野崎哲会長)と承認する考えだ。
 渡辺敬夫いわき市長は「東電が『汚染されていない』と言っても消費者は理解してくれるのか。現時点では承知できない」と話した。
最終更新:5月8日(水)10時39分


東電、日本企業、日本政府の隠蔽体質、経済最優先の根本体質は何も変わりませんね。
すべてをオープンにして、皆で考えて、難局を乗り越えていくという、民主主義的な思考は微塵もありません。
汚染水を処理した水は貯めきれないと言うことは前々から分かっていて、放流すると決めていたはずです。
セシウムは除去と言うが、ストロンチムは全く除去できないはずです。
悪いことは言わない、過小評価する、隠蔽と同じ体質です。
何故、全体計画を最初に言わない。
すべてを公にして、いろいろ知恵を出しても、万策尽きいて、やむを得ないと言うならまだしも、どうしようもないところまで黙っていて、究極の選択を迫る、社会をよくしたいとか、人々の安全を最優先するとか、社会に対する良心のかけらもありません。
あるのは企業としての私利私欲だけです。
結局、国民に漬けをすべて廻し、企業や政府は責任を有耶無耶にして逃げます。
この繰り返しです。
間違ってたことは間違ったと認め、対策を講じることが、前進だと思うのですが、お上は間違わない、謝らない、全く進歩がありません。
原子力規制委員会は何をしているのでしょうか。
原子力規制委員会は経済性を度外視し、国民の安全だけを考える第三者委員会の筈です。
経済に気を使っている現状では、これまでと全く変わりません。
この国は、何も変わらない、これがこの国を覆う閉塞感、上辺だけいじるアベノミクスなんかで良くなるはずがありません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。