≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


村山談話すべて踏襲…菅長官、首相答弁を修正?
読売新聞 5月10日(金)21時33分配信
 菅官房長官は10日の記者会見で、「過去の植民地支配と侵略」を謝罪した1995年の村山首相談話について、「歴代内閣と同じように全体を引き継ぐと申し上げている」と述べた。
 村山談話を巡っては、安倍首相が4月22日の参院予算委員会で「安倍内閣として、そのまま継承しているわけではない」と答弁したことが海外で波紋を呼んでおり、事態沈静化のため、答弁を事実上修正したとみられる。
 これに関連し、自民党の石破幹事長は10日のTBS番組の収録で、「首相自身は、戦前の肯定や美化は夢にも思っていない。実際にそう思われているならば、(誤解を)解く責任は我々にある」と述べ、政府・与党が真意を説明する必要があるとの認識を示した。公明党の山口代表も名古屋市内での講演で、「村山談話は政府の公式見解で、(首相は)自分もそう思うと国会で言っている。真意はきちんと説明する必要がある」と語った。
最終更新:5月10日(金)21時33分


参院選まで右翼色を封印していた、円安、株高が好調で、つい増長して本性が出てしまいました。
官房長官の発言は、参院選まで大人しくと言う、当初の路線に軌道修正しただけです。
参院選後が恐いです。
新しい安倍談話が出るだろうし、憲法改正など、右傾化路線をハッキリ出してくるでしょう。
安倍首相の言い訳、侵略の定義を発言することは、侵略では無いと言っていることに等しいです。
村山談話を出しても、侵略の定義を言い出すは、閣僚が靖国参拝はするは、どうも本心は先の大戦を肯定しているようで、侵略したアジアの国々に謝罪している気がありません。
自民党政権では、常にくすぶり続けています。
国として、国自らが戦争責任を取ってこなかったことが要因です。

政府も人で成り立っているから、間違うことは必至で、それを認めないことが非常に危険です。
お上は間違わないという思想を改めない限り、同じ過ちを繰り返します。
この体質は、ありとあらゆる抜本改革を拒んでいます。
この体質で、国民を管理しようとする方向に安倍政権が進もうとしていて、国民の権利が国家の権利を損なうとして、どんどん縮小されそうです。
政府は公僕が民主主義の目標なのに、政府はお上を維持しようとする、民主主義に逆行する安倍政権を、まだ経済運営が成功していないのに、何でも是認するのは極めて危険です。
日銀が金をばらまいているだけに過ぎません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。