≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


橋下市長は議会に都構想が否定されたので、市民に問うとして市長を辞任して、市長選に掛けると、破れかぶれ、一点突破の戦術に出ました。

議会を解散するのなら、まだ理解できますが、自分が出直し選挙する手法が分かりません。
議会選挙で勝てば結果として都構想が通るし、負ければ都構想を強引に進めるのを諦めなければなりません。
出直し選挙して敗北すればそれで終わり、勝っても議会の勢力は変わらないし、市長の再選=都構想が信任されたとは言えません。
そもそも、区割りの前に都構想がメリット・デメリットを提示して、市民・府民に理解して貰うことが先決です。
都構想を急ぐとして議会選挙を待てなければ、市民府民運動から始めて、市民府民投票から変えるべきと思います。
市民府民投票を市長府知事が賛同すれば、議会は否定できないはず、市民府民投票で市民府民の投票を問えばよいのです。
上からでなく下から、議会の多数派工作など政治的な手練手管で無く、市民府民の真の理解から、変えて行くべきです。
いずれにせよ、都構想が良いと深く府民市民が考えることが最大の条件で、現状は維新の会が騒いでいるだけで、全然そうなっていないと思います。

道州制を目指すのに、都構想は矛盾すると思います。話し合いで二重行政を解消すれば良いだけの話です。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。