FC2ブログ
≪ 2020 01   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  2020 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

朝日新聞に「役人、独立法人経て企業へ 「抜け道」天下り366人」の記事。

06年4月までの10年間で、独立行政法人から公益法人や民間企業へ天下りしていたのは38法人の1388人で、このうち省庁OBは366人だそうだ。
出身省庁から関連団体や関連民間企業などへ、再々就職するのを「わたり」というそうだ。

現行法では、ウィキペディアによると、
退職者が、退職以前5年間の地位に関係する民間会社へ再就職することを退職後2年間禁止されている。
但し、人事院により退職者の再就職が機密漏洩につながらないと判断された場合は、退職後2年経過していなくても、再就職をすることが可能である。


▼続きを読む▼

こんばんは、愛てんぐさん

自民党の考える法案は常にザル法案です。
抜け道が幾らでもありますから。

今回の、公務員改革法案でも政府自ら
お墨付きを与えたようなものですよ。

天下りOKと。
頭の良い高級官僚ですから、目に見えない所に
深く潜行していきます。

民間なら、ハローワークで再就職です。
本当にその人の能力があれば、官僚もハローワーク
に行けば良いではありませんか。
何で天下りを斡旋する法律が出来るのか、まったく
分かりません。
まるこ姫さん、こんばんは

高級官僚には、抜け道があるということですね。
自民党と癒着しているのは、ぺーぺーでなく、官僚の幹部と言えるでしょう。
官僚のぺーぺーに国民の反感をし向けて、弱いもの同士を戦わせて、自民党と官僚幹部は安泰、官僚幹部は天下りが次々と用意され、ぺーぺーの身分は益々脆弱になり、そんな構図が透けて見えます。

それは別にして、兎に角、公務員の特権を減らすのが公務員改革の筈です。
政治資金規正法もザルになりましたが、これもザルになりました。
神戸市では政務調査費について、1円まで、領収書添付が義務化されました。
出来ないはずはないのです。
この記事へコメントする















愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。