≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


辺野古埋め立てへ、手続き開始 沖縄防衛局が入札公告

名護市長選2日後に、辺野古埋立の入札公告は、お上に逆らうことは許さない、そんな政府の声が聞こえてくるようです。
日本は旧態依然として、先進国では希な、民主主義を軽んじた、お上の国のようです。

鳩山元首相は県外移設で防衛評論家の小川氏に依頼し、小川氏はもと飛行場だったキャンプハンセンに移設する案をアメリカに提示したが、防衛省・外務省が猛反対し、鳩山元首相の考えれば考えるほどの発言になったようです。
日本は選挙で選ばれた与党より、官僚の方が力を持ち、事実上の政府は官僚というのが実態のようです。
省庁の幹部をすべて政治家が民間人から登用し任命するという形にしないと、国民が信用できる政府、公僕、民主主義は実現しそうにありません。

普天間しか無いと自民党は言いますが、県内移設なら、新たに恒久的基地を増やす普天間より、キャンプハンセン移設や嘉手納基地統合を優先すべきです。
普天間は既に利権まみれなので固執するのでしょう。
利権はゼネコンや地元業者、国会議員や地元議員だけでなく官僚も入っていることに忘れてはいけません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。