≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄県議会、仲井真知事の辞任要求決議可決=普天間、名護市長選に影響 

政府自民党から沢山、お金を持ってきたから県民も受け入れると考え、知事は公約を飜しました。
公約違反は民主主義の根底をひっくり返すものです。
それ程大事なことなのに、本土では殆ど波風が立っていません。
民主主義の危機なのに、反応しない、与えられた民主主義がどれほど脆弱か、思い知らされます。

名護市長選も基地推進派の候補を応援演説(=普天間移転を推進)をしていても、県外移設を変えていないと嘯く、この知事は、最低の人間です。

知事の前に自民党沖縄議員は翻意しました。
彼らは議員になるため、自民党の政策とは異なる普天間移転反対を公約にした、選挙詐欺とも言える結果になりました。
記者会見の場で、石破幹事長が彼らを後ろに並ばせ、辺野古移転を認めさせたのは、沖縄にとって、屈辱の場面だったと言います。
まさに、公約違反をして議員や知事になった彼らは詐欺師であり、詐欺師に変えた自民党は民主主義に背を向ける悪党です。

名護市長選前に埋め立て認可してしまえというように、沖縄自民党議員の翻意を皮切りに、オセロのように白を黒に変えようと目論んだようですが、沖縄県民は日本政府が沖縄を差別しているという本質に気付いたと思います。
県議会だけで無く、沖縄では知事の辞職決議が続々と出ているそうです。
沖縄県民はお金を貰っていては、永久に基地は無くならないし、基地が減る速度もよちよち歩きと気付いたのです。
これもきっかけは鳩山政権でした。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。