≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東日本大震災の政府の追悼式は東京で無く、被災地で開くべきです。
復興庁も東京で無く、被災地で設けるべきでした。
復興予算も全国のゼネコンにばらまくのでは無く、被災地に限定すべきでした。
復興予算もハードではなく、ソフトを重視すべきです。
仮にオリンピックを開けるものなら、東京では無く、被災地にすべきでした。
何から何まで、上から目線、お上目線、中央集権的、東京一極集中です。
被災地の復興、まちづくりは、国や県や市町村等、行政の押しつけ、コンクリートや箱ものでは無く、地域の人々の生活や意向に根ざすべきです。
安倍自民党政権の上から下への押しつけ政治では展望は見えず、下から上への民主主主義に則った政治でないと、閉塞感を脱しきれないと思います。

原発問題や被災地の復興において、安倍政権の顔が見えません。
安倍首相は原発や被災地の復興には乗り気では無い様子です。
関心は戦争のできる、戦前の日本のような国にすることに関心があるようです。
それを実現するには支持率を維持し続ける必要があり、景気浮揚対策がその次に熱意があるように見えます。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。