≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


袴田巌さんを釈放=逮捕から48年ぶり-検察の拘置停止申し立て退ける・静岡地裁

袴田さんは自分を精神的に殺すことでしか、死の恐怖から平静を保てなかったのだと思います。
間違った警察・検察・裁判所、マスコミは何のお咎めも無く、国民が国家賠償することになります。
日本の司法の状況が、先進国の中では何周も周回遅れ、驚くほどの後進国です。

自白で犯行時パジャマだったというのが、味噌樽の衣類5点に変わったことで、自白の信ぴょう性ゼロとなり、その時点で疑わしきは罰せずで無罪です。
無実となる可能性のある証拠(ズボンが小さすぎる)を出さないどころか、死刑の決め手の着衣を捏造するとは、おぞましい。
突然味噌樽から見つかる不自然さ、黒くならない付着血液、味噌に1年以上付けても色が薄いなど、不自然さが満載だったのに死刑判決、DNA技術の発展で捏造がばれましたが、これまで冤罪で死刑実施された人も多いでしょう。
袴田さんを有罪にするために、衣類が見つかる直前に味噌樽に付けたとしか考えられません。
24時間監視の代用監獄、23日間の拘束期間、さらに別件で長期拘束、精神的な拷問、自白強要・依存など、先進国ではあり得ません。

司法行政が国家権力、お上として権力を行使、権威を守るため、犯人を仕立て、捏造する、抗告します。
裁判員制度ではなく、コペルニクス的転回をして、司法行政が国民の公僕であるという大前提に立たないとまともにはなれないと思います。
国民を統治するために裁くのでは無く、犯罪者を含めて国民の生活が良くするために裁くのだと思います。

日本の統治機構の人権意識が希薄、未だ封建的な国民支配意識が色濃く残っています。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。