≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小保方氏「STAP細胞は200回以上作製に成功」

税金で成り立つ巨大組織が、未熟な若手研究者を悪者扱いして、自分たちはは健全だと言う構図を見ると、判官贔屓したくなります。
論文不正が研究不正にすり替わり、さらにスタップ細胞の否定は、余りにも一方的だと思います。
タブーにチャレンジ精神旺盛であるが、未熟な研究者だけに責任があるとは思いません。
人は影響し合って存在するので、彼女を育てた大学や研究機関にも責任が在ると思います。
期間限定で成果至上主義のレンタルラボではなく、若い芽を伸ばすには、監督やチェックで無く、育成や支援であるべき、それが欠けていると思います。
息苦しい理研会見を見ると、発見発明の世代である若手が伸びる自由闊達な雰囲気の研究組織や研究環境は日本にあるのかなと感じます。
日本の組織や社会が彼女を容赦できなければ、ハーバード大などへの人材流出しかないと思います。
スタップ細胞は上司の丹羽氏が3回見ていると言っていたので、万能性があるかどうかは別にして、存在の可能性はあると思います。
小保方さんがここまで追い詰められても、公開実験など具体のコツなどを明かさないのは、何故かなと思いますが、明かさないのは1着を失いたくないと考えているのかなと思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。