≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

三日月氏が初当選 自公系敗北 滋賀県知事選
2014.7.14 01:11

 任期満了に伴う滋賀県知事選は13日投開票され、無所属新人で元民主党衆院議員の三日月大造氏(43)が、元内閣官房参事官の小鑓(こやり)隆史氏(47)=自民、公明推薦=と共産党県常任委員の坪田五久男(いくお)氏(55)=共産推薦=の無所属新人2人を振り切り、初当選した。

 県選挙管理委員会によると、投票率は50・15%で、前回の61・56%を11・41ポイント下回った。

 三日月氏は、2期8年務めた嘉田由紀子知事の後継指名を受け、「卒原発」など嘉田県政の継承を訴えた。国の支援に頼らず県民との対話を重視する「草の根自治」を掲げ、女性や無党派層などを含め幅広い層から支持を集めた。民主党も選対幹部らを張り付かせるなど三日月氏を事実上支援、推薦する連合滋賀も組織を挙げて取り組んだ。

 小鑓氏は、県政の転換を主張し、地元経済の再生などを公約に掲げた。ただ、滋賀県は自民党の基盤が弱く、小鑓氏の知名度不足が指摘されていた上、集団的自衛権行使容認の閣議決定や「セクハラやじ」など国政の影響も受けた。

 坪田氏は原発の再稼働反対などを訴えたが、支持は広がらなかった。


巨大な権力を持つ安倍政権が経済を人質に、当分続き、ずっとどうしようもない無力感で、暗い気分でしたが、一筋の光明というか、久し振りに溜飲を下げる出来事でした。
自公候補は元官僚で、政府との強力な連携を強調し、アベノミックスもあり、絶対有利と思っていました。
対する嘉田知事の後継者は民主党候補、前回の衆院選で選挙区で負け復活当選した候補です。
接戦でしたが、共産党候補も加えれば54%対46%と、衆院選とは反対の結果となりました。
滋賀県民は、アベノミックスより、原発再稼働、集団的自衛権容認に前のめりの姿勢に反対する人が増えてきたためと思います。

橋下知事は原発再稼働の対応では嘉田知事と同調しました。
嘉田知事の後継者に同調せず、原発推進の自公候補を支持するのは、石原氏とくっついたり離れたりと同じで、政策より政局が大事と言っているのと同じです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。