≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

子どもの貧困率、過去最悪の16.3%--暮らし向きは6割が「苦しい
マイナビニュース 7月16日(水)13時9分配信

厚生労働省は15日、「2013年国民生活基礎調査」の結果を発表した。それによると、17歳以下の子どもの貧困率は2012年時点で16.3%となり、過去最悪を更新した。前回調査の2009年時点から0.6ポイント悪化した。

調査期間は2013年6月~7月。有効回答数は全体では23万4,383世帯、所得に関する調査では2万6,387世帯、介護については6,342人。

2012年の貧困線(等価可処分所得の中央値の半分)は122万円(名目値)で、「相対的貧困率」(貧困線に満たない人の割合)は16.1%と、過去最悪を更新。暮らし向きを尋ねたところ、「大変苦しい」「やや苦しい」と答えた割合は合わせて59.9%に上り、上昇傾向が続いている。

2012年の1世帯当たりの平均所得は537万2,000円で、前年比2.0%(11万円)減少。中央値(所得を低いものから高いものへと順に並べて2等分する境界値)は432万円で、平均所得以下の割合は60.8%に上った。世帯構成別の平均所得は、「高齢者世帯」が309万1,000円、児童のいる世帯が673万2,000円だった。

2013年6月時点の1世帯当たりの平均人数は2.51人と、過去最低を更新。一方、高齢者世帯は全体の23.2%に当たる1,161万4,000世帯と、過去最高を記録した。また、65歳以上の高齢者が65歳以上を介護している、いわゆる「老老介護」世帯の割合は51.2%と、初めて半数を上回った。

(御木本千春)


子供の貧困率過去最悪更新は、日本の本質を捉えている重要なニュースなのに、報じませんね。
フィンランドは財政危機の折、教育費削減が検討されたが、子供は国の礎と象徴する大臣が居て、教育費を減らさなかったため、今があるというのを聞きました。
日本のいち早い近代化も教育のお陰です。
G'7の中に、唯一アジアの国がいるのも、勤勉な国民性だけでなく、教育だと思います。

ユニセフの2009年調査では、先進35カ国中、日本は最悪の方から9番目で、2位はアメリカ23.1%、貧困率が低い国に、フィンランド5.3%など北欧の国が並びます。
厚労省2013年の貧困率16.3%は調査年・方法は違いますが、6番目に相当します。
若年層の貧困化だけでなく、子供への投資・若年層への支援の無さも要因です。
母子家庭では貧困率は極めて高く、少子化の要因にもなっています。
小泉元首相が派遣に道を開いたことから、若年層の貧困、経済格差が要因で、貧困の連鎖となり、国力の衰退になっています。
競争原理、弱肉強食に任せれば、当然の帰結です。
女子供を差別する保守的な男の政治家が牛耳る自民党政権の下では、アメリカの影響のもと、益々アメリカナイズされていっています。
人材育成こそが成長戦略の要です。
子供たちに投資しないと未来はありません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。