≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


首相「安保相、説明力高い人に」 地方創生相は実行力
産経新聞 8月7日(木)7時55分配信
 安倍晋三首相は6日、原爆死没者慰霊式・平和祈念式出席のため訪れた広島市内で記者会見し、9月第1週の内閣改造・自民党役員人事で新設する安全保障法制担当相の条件に関し「安保法制の整備は国民の理解が第一であり、丁寧でわかりやすく説明できる能力を持った人」と述べた。もう1つの目玉である地方創生担当相については「幅広い政策分野に精通し、大胆な実行力が必要だ」と語った。

 首相は「具体的な人事の話については今の段階では全く白紙の状態」とした上で、「自民党には老・壮・青、男性・女性とたくさんの人材がおり、適材適所で活用したい。この夏に心静かに考えたい」と述べた。

 また、集団的自衛権の行使容認の閣議決定に関しては「国民の命と平和な暮らしを守り抜くためには、あらゆる事態に対処し、切れ目のない対応を可能とする国内法を整備して万全の備えをする必要がある」と説明。集団的自衛権の行使容認が徴兵制につながるとの指摘には「そういった根拠のない風評もあるが、徴兵制は全く考えていないし、憲法違反だと国会で明言している」と反論した。

 11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に向けては「日中間にはさまざまな懸案がある。APECでは日中首脳会談ができればよい」と会談実現に重ねて意欲を示した。一方、終戦記念日に靖国神社に参拝する可能性については「参拝するかしないかを申し上げることは差し控える」と述べるにとどめた。


中央集権的な発想では地方創世は、土台無理な話でです。
中央集権と地方創世は相反し、中央が地方創生をこれまでずっと阻害してきました。
総務相が居るのに、地方創生相は不要です。
地方創生は財源と権限を地方に明け渡し、地方がそれぞれの個性を、それぞれの創造力で持って創生すべきです。
中央による支配は要りません。
地方創世相を置いて、地方を統率するより、地方主権で地方の創世は地方に任せるべきです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。