≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


錦織選手はベスト4まで、頑張ったのは評価できます。
今の男子プロテニスは、ジョコビッチ、フェデラー、ナダルの三強で、他は一段落ち。4番目以降は日替わりメニューみたいなものです。
その日替わりメニューに錦織選手は加わったということになります。
三強の一角を崩すには、第三セットのダブルブレイクポイントで、ジョコビッチの強さを意識し過ぎたため、プレースタイルを崩してしまいました。
勝てない相手はいないと公言していましたが、三強を別格として、勝てない相手の中に完全に入っていなかったと思います。
サービススブレイクされても、まだチャンスがあるのに、6−0だったのも、別格扱いしたためと思います。。
その精神的弱さが出て、勝利の可能性を感じたときに、意識し固くなり、負けてしまいました。
三強に勝つんだ、三強よりも凄いテニスをしている、という精神面の強さが、三強と肩を並べるには、最も必要なことだと感じられました。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。