≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安倍首相、解散決断で「民主党をぶっ潰す」
プレジデント 11月23日(日)14時15分配信
与野党の力の差は歴然、自信満々で決断した解散・総選挙に見えるが、実は安倍氏も「追い込まれて」いたという。
 「安倍首相は自信満々。本気で“民主党をぶっ潰す”つもりです」――総選挙に臨む安倍晋三首相の心境を、その側近はそう語る。12月2日公示、14日投開票の総選挙について、首相は並々ならぬ自信を持っているようだ。


民主党をぶっ壊す、日教組をぶっ壊す、法律に乗っ取り、国民や教員の考えを代表している組織をぶっ壊すとは、陣状じゃありませんね。
それを支持する国民をもぶっ壊すと言うことになります。
この考え方は公人としてはあり得ません。

標的を定め、敵対視し、攻撃する安倍首相のやり方は、都構想に反対する公明党に対する橋下市長の発言等、境遇は正反対ですが、よく似ています。
自分に何かが足りないのを隠そうとするため、自らを強く見せるため、攻撃的な姿勢を取るのでしょう。
そういえば、ネット右翼も同じです。
現実社会では、自分に自信がなく、自分の意見も言えない人が、ネットで気晴らしのため、狼の皮を被った羊のように、権力を背に受けたつもりで(実際は権力から抑圧される側なのに)、暴言を吐いているのだと思います。

子供たちの政治意識を高めるための手法と考えれば、なりすましも一つの方法、全く問題ありません。
子供たちには選挙権がないのですから。
選挙に大義がないというのは野党のみならず、与党議員も言わないだけで、ほぼ全国民が思っていること、どこに問題があるのでしょうか。
それよりも、1国の最高権力者が、選挙権を得たばかりの実名を明らかにした若者を、卑劣と恫喝する方が、よっぽど卑劣です。
それほど、大義なきと言う真理を突かれ、堪えているのでしょう。
絶大な権力を持つ強者が、弱ってバラバラになっている弱者を奇襲攻撃する、叩きのめす、これは卑劣の最大級と言っても良いでしょう。
明智光秀が油断した織田信長を夜討ちするなら兎も角、織田信長が明智光秀を夜討ちするようなものです。

投票数の上では、与党より野党支持者が多いので、安倍批判の受け皿として、どれほど多く選挙区調整ができるかに係っていると思います。
むしろ時間がなくて追い込まれている方が、調整が進むかも知れません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。