≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

安倍総理大臣は「日本を15年間、デフレが覆っていた。デフレ経済 ではモノの値段が下がる以上に給料がもっと下がって、経済が停滞し、失業者は増えていく。ここから何 とか脱却しなければならない」と選挙演説していました。
自民党のテレビCMでも、何度も流されていました。
え、今、デフレなのでしょうか。
日銀は2年先をメドに物価上昇率を2%、量的緩和をすると言っていました。
2年が経ち、日銀の量的緩和は目標を達成せず、今のところアベノミックスは失敗です。
しかし、物価は下がっているのでしょうか。
円安で間違いなく、明らかに物価高になっています。
日銀が量的緩和をして入る限り、円安、物価高が続いています。
デフレは既に脱却し、物価だけを見ると、緩いインフレ状態にあります。
給料の上昇より物価の上昇が高く、経済成長がマイナス=経済停後退状況になっています。。
むしろ、物価は上昇するが経済は停滞するスタグフレーションの傾向にあると言えるでしょう。
但し、金融緩和頼みの景気対策では、金融緩和を止めれば、デフレに戻っていくでしょう。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。