≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<衆院選>投票時間短縮35% 11回連続増 都市部も拡
毎日新聞 12月11日(木)21時56分配信
<衆院選>投票時間短縮35% 11回連続増 都市部も拡大
投票時間繰り上げ率の推移
 14日に投開票される衆院選で、原則午後8時までと定められている投票終了時間を繰り上げる投票所が、35.2%(前回衆院選比1.7ポイント増)に上り、過去最高になることが毎日新聞の調べでわかった。投票率向上のために1998年の参院選から投票時間が2時間延長されたが、繰り上げは国政選挙で11回連続増え続け、過疎地以外にも広がっている。【横田香奈、角田直哉、中里顕】
 投票終了時間は、各市区町村選挙管理委員会の判断で繰り上げることができる。投開票日に開設される全国4万8621投票所の状況を各都道府県選管を通じて調べたところ、1万7109投票所で終了時間が繰り上げられていた。午後6時台や7時台への繰り上げが目立つ。主な理由は、山間部や離島など地理的条件のほか(1)夜間に投票する有権者が少ない(2)期日前投票が普及した(3)立会人の確保が難しい--などだった。
 都道府県別で繰り上げ率が最も高かったのは、福島県の100%。東日本大震災後の節電対策などとして始めた全域での繰り上げを今回も継続する。役場機能が移転したままの自治体もあり、双葉町は埼玉県加須市の投票所から福島県いわき市の開票所まで投票箱の輸送に3時間かかるという。県選管は「山間部の投票所は夜間の出入りがまばら」などと説明するが、人口30万人前後の福島・郡山両市も全投票所で繰り上げる。
 群馬県も人口30万人を超える前橋・高崎両市の全投票所を含め、3回連続で99%が繰り上げる。ただ、人口約2万人のみなかみ町のうち、月夜野(つきよの)地区の9投票所が午後8時まで投票を受け付ける。地区の関係者は「たとえ1人でも有権者の権利を奪ってはいけない」と強調した。県選管は「期日前投票が浸透しているとはいえ、99%はさすがに異常」として、選挙のたびに投票機会の確保を市町村選管に呼びかけているが、改善は見られないという。
 増加率トップは6.6ポイント増で80.6%となった茨城県。今回から全域で繰り上げた日立市選管の担当者は「期日前投票が定着し、夜間投票者も少ない。他の市町村も大半が繰り上げた」などと説明した。
 総務省は「投票機会の確保を求めているが、具体的な方策は各選管が決めている」としている。


投票率が低くなっているのに、投票時間を減らす、投票場所を減らす、この国は何をしているのでしょう。
民主主義を押し下げることを行政、自らしています。
この国の為政者は、選挙(民主主義)を自分たちのしたいことを邪魔するものだと考えているのでしょう。

北朝鮮など独裁国家は別にして、投票率の高さが、民主主義のバロメーターです。
前回の衆院選は59%でした。
浮動票は寝ていた方が良いと、民主主義を公然と否定した総理大臣に対して、マスコミ、国民はスルーしてしまった、民主主義の低い国では、争点無し、この道しかないで安易に騙され、積雪もあり、50%切りもあり得ると思います。
安倍首相(管官房長官)の思うとおりです。

日本と世界の国々の投票率|事務局の社窓から|NPO法人 ...
世界の国政選挙を見ると、
福祉国家北欧では、67〜85%ととても高いです。
西欧先進国で57〜71%、日本が見本とするアメリカが42%ととても低い。
投票を義務化している国、オーストラリアなどでは、76〜93%です。
言えることは、民主主義が成熟しているのは福祉国家で、成熟していないのは新自由主義の国で、民主主義を高めたいのなら全国民の幸せを願う福祉国家、民主主義を大切にしたくないのなら、弱肉強食の新自由主義国家になると言えます。

民主主義を標榜するなら、投票率59%は恥ずべきことです。
政治を行うもの、自分の勝ち負けより、民主主義を優先、そう言うの崇高な心意気が必要ですが、どの政治家も自分の欲ばかり、特に政権与党は政治も先進国の仲間入りを果たすという矜持を持って、投票率を上げるべく、例え議員に不利なことがあっても、民主主義のために投票を上げる抜本的な改革に踏み込むべきです。

投票率が低いのは、選挙制度や政治そのものに要因があると思います。
小選挙区制で、死に票が多いことも一因です。
大選挙区で比例配分すべきと思います。
昔と違い、自民だけでなく、自公でも単独過半数になく、連立政権で政権交代可能です。
公約破りが当たり前、なのを防ぐため、マニフェスト選挙に立ち返るべきと思います。
政治に関心がないのは白紙委任の間接民主主義も要因で、衆院選に、TPPや集団的自衛権、原発再稼働、普天間問題などの国民投票が付いていれば、政治に関心が持たれ、国民は学習し、絶対に投票に行きます。
序でに国民審査も機能するでしょう。

最大の要因は政治は国のあり方だけでなく国民の生活そのものに強い影響を与えるということを、国民がそれぞれ強く意識することです。
日本の民主主義はお任せ民主主義、為政者は政治に関心が無いように、仕向けてきました。
それに好都合なように教育を行ってきました。
上に従うイエスマン、会社に従う労働者を造ってきました。
政治には関心を持たせないような教育をしてきました。
そこには、個人が努力すれば良く、そうすれば国は良くなるだろうというものです。
その結果、弱肉強食、貧富の差の拡大、格差の固定化となってしまいました。
自分のことを考えれば良い、他の人はどうなっても良い、個のなかの全体の位置など、広い視野での見方が育っていませんでした。
子供の頃から、学級の運営、学校の運営に子供たちが参加し、民主主義を学ぶことが必要です。
いきなり政治でなくても、身近な問題を解決するために、子供たちの視点で考えるなど、多様な見方や広い視点を学ぶ訓練が必要です。
又、学校自体の運営も、文科省、教育委員会よりも、学校、保護者、地域住民が自主的に行えば、住民自治を通じて、住民の政治意識が高まると考えます。
上からの支配でなく、下からの自治意識、このことが民主主義を高める上で、一番の効果があるように思います。
こう言う環境の中で育った人が政治家になれば、特定の利益に固執せず、広く国民の幸せを考え、視野が広く、将来を見通せる政治家が出てくるだろう。
勿論、国民は政治に関心を持つようになり、選ばれる政治家も期待される人材であり、今回のように選ぶ政治家(偽物の政治家=政治屋)はいないというようなことは無くなるだろう。

安倍自民党のTVの宣伝、選挙に金がある方が有利なように見えてきます。
まるで、アメリカみたいです。
政治献金はなくして、政党助成金だけにすれば、選挙PRに対して、ある程度公平さがあり、金の掛からない選挙になるかなと思います。

総務省|国政選挙の年代別投票率の推移について
20代は4割、30代は5割の投票率しかありません。
若者の貧困、時代の閉塞感、自己主義が要因かと思います。
未来を托す若者が、この体たらくは上の世代の責任です。
香港を見習いたいものです。
自分たちが引き継ぐ社会が自分たちが住みよいようになるように、若者たちに投票に行って欲しいものです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。