≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

<衆院選>推定投票率は52.32% 戦後最低の可能性
毎日新聞 12月14日(日)22時17分配信
<衆院選>推定投票率は52.32% 戦後最低の可能性
投票をする有権者=東京都千代田区で2014年12月14日午前11時28分、竹内幹撮影
 毎日新聞の調べでは、第47回衆院選の投票率(小選挙区)は52.32%前後で、戦後最低だった2012年の前回選挙(59.32%)を下回る可能性がある。報道各社の情勢調査で選挙戦序盤から自民党の優勢が続いたうえ、同党が争点に掲げた安倍政権の経済政策「アベノミクス」などを巡る与野党の論戦も盛り上がらず、有権者の関心が高まらなかったとみられる。
 毎日新聞が5~7日に実施した特別世論調査では、投票に「必ず行く」との回答が65%と前回選挙時(69%)を下回り、投票率のさらなる低下が懸念されていた。


安倍首相(管官房長官)の狙い通り、大義無しの解散、有権者は誰もが何故今選挙と思い、その多くが選挙に行かなかった。
投票率は史上最低の5割強だった。
辛うじて5割を上まったようだ。
これで民主主義が行われているといえるのか。
前回は有権者の2割の票で2/3の議席を強奪し、今回は2割を切ったのかも知れない。
たった2割の賛成票で、すべて国民がすべてのことに同意したとして、また強引な政治を行うのか。
日本に民主主義はない。
民主的な手続きを自分が有利なように変形させ乱用しているだけの、実際は独裁国家と言えよう。

安倍政治が破綻するまで、国民は気付かないだろう。
失敗しても責任を権力者は取らず、常にすべての結果という責任を国民が取らされるのに。


スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。