≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安倍首相は謙虚にと言う一方、信任されたとして、公約は粛々として進めると言っていたので、これまで通り、国民の反対が多い集団的自衛権関連、大間を始め原発問題、オール沖縄が反対の辺野古移設、TTPは強権的に進めるでしょう。
首相宿願の憲法改正も行いたいでしょう。
その為には参院での2/3以上の賛成が必要で、2017年7月の参院選の1/2改選で圧倒的多数の勝利というハードルは高いです。
その為には、持続的に景気回復が実現していなくてはいけません。
2017年4月には消費税10%に自動的に上げると言っていますが、実際には上げられるかどうか、はとても難しいです。
2016年6月には、今回と同じよう、消費税を上げて良いかどうかの経済成長率が発表され、プラス成長が持続され卯なければなりません。
安倍首相は直近の来春、2015年4月には給料が物価より上げると豪語していました。
今原油安で、世界の景気が怪しくなってきました。
輸出はアメリカ、中国などの外需頼みです。
景気回復は自力だけで出来るものではありません。

アベノミックスでは解決しないのが、少子高齢化問題です。
少子化は長年の自民党、自公政権の子供の貧困施策の結果です。
少子高齢化は景気の気分だけで克服できるものではありません。
若者の貧困化を防がなくては、再配分しなくては、景気の底上げは不可能です。

金融緩和で経済回復したアメリカでは、大半は豊かになった、景気が良くなったと感じていません。
結局、貧富の差が広がり、相対的貧困率が高まり、金持ちだけが豊かになり、絶対多数の国民が貧困化するだけになりました。
金融資本主義、市場経済優先では、国民すべてが幸せにならないことは明白です。
トリクルダウンでは経済の根本を良くすることは出来ないのです。

今、先進国で唯一成功しているシステムは、投票率が高く、成長率が高く、一人当たりGDPが高いのは北欧の福祉国家だけです。
目指す方向が示されていると思うのですが。
その為には、税金で飯を食う者はお上から公僕に、政府への信頼、これがすべての前提です。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。