≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

捜索前、PC機器を破壊 資金問題で小渕氏の関係先
朝日新聞デジタル 12月19日(金)5時5分配信
 小渕優子・前経済産業相の政治団体をめぐる不明朗な資金処理問題で、東京地検特捜部が10月に関係先を家宅捜索する以前に、パソコンのデータを保存する複数のハードディスクがドリルで破壊されていたことが関係者への取材で分かった。ハードディスクは群馬県内の小渕氏の関係先にあったもので、特捜部はこの経緯についても慎重に調べているとみられる。
 小渕氏をめぐっては、地元の支援者らが参加した東京・明治座での「観劇会」に関し、四つの政治団体の2005~13年の政治資金収支報告書で、収入より支出が大きく上回り、差額が計6千万円を超えていたことが判明。衆院選のあった12年の収支報告書には、観劇会の収支の記載自体がなかった。
 この問題で、特捜部は10月30日以降、小渕氏の元秘書で前群馬県中之条町長の折田謙一郎氏の自宅や、同県内の小渕氏の政治団体の事務所
など関係先を政治資金規正法違反容疑で家宅捜索した。


警察の捜査の前に、ドリルで複数のハードディスクが壊されたという。
普通、不要になったパソコンは、物理的に破壊する
ことはない。念入りに完璧に証拠隠滅を図ったと言うしか、読み取れない。
これは、犯罪があった証拠である。
小渕議員(関係者を含む、以下同じ)は悪質だ。
東京地検特捜部は小渕議員に舐められている。
特捜部は徹底的に捜査し、小渕議員を起訴して欲しい。
こんな人を、群馬五区の県民は選んだ。
恥ずかしくないのか。

小渕氏は確信犯。
疑惑を持たれた時点で、潔白ならば、無実を証明するために、すべての情報保全するのが当然だ。
それを、小渕議員は関係者に命令する筈。
と言うことは、証拠隠滅に走ったと言うこと。
クロに間違いないでしょう。
小渕氏は何も知らないような発言をしているが、やっていることは極めて悪質、発覚している以上、知らぬ存ぜずは許されない。
二度と選挙に出られないようにして貰いたい。
公職選挙法違反で5年間の公民権停止に過ぎません。
やはり、世襲議員の同一又は含む選挙区からの立候補を禁止すべきだ。


よく読むと、東京地検ががさ入れしたのは10月30日以降とあり、選挙期間中は出来なかったので、11月に行われたようだ。
11月21日解散、12月2日公示、14日投票というスケジュールで、2日から14日までは捜査はできない。
12月2日までに、証拠隠滅か?の事実を公表できたはずだ。
公表されれば、小渕氏は候補になれないか、選挙に出られなかったのか、強引に出でて当選しなかったか、選挙民が注視されたのかも知れない。
何故、地検は情報を流さなかったのか。
選挙公示前に証拠隠滅?の事実を出さなかったのは、安倍政権の圧力に屈したためか。
地検は、本気で起訴する気があるのか、地検の動向を注視しなければならない。


もう1点、小渕氏はパソコンを交換のため、HDを壊したというなら、何故その事実を明るみに出る前に言わないのか。
無実なら、疑われる前に、パソコンを壊したと公表するはずだ。
普通、パソコンを更新する場合はデータをすべて、更新するし、データをバックアップして過去に戻れるように残しているはずだ。
いろいろ考えると、クロだ。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。