≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


首相「晴れ渡った一年に」 経団連会長らとゴルフ 賃上げについては…
産経新聞 1月3日(土)18時14分配信
 安倍晋三首相は3日、神奈川県茅ケ崎市で経団連の榊原定征(さだゆき)会長、御手洗冨士夫名誉会長らと今年初めてのゴルフを楽しんだ。ホール移動の合間に記者団から今年の抱負を問われると、「今日の天気のような晴れ渡った一年にしたい」と語った。
 首相は、経済の好循環を促すため経済界に賃上げを重ねて求めており、今回のゴルフもその一環とみられる。記者団から「今年も賃上げは実現できそうか」と問われると、榊原氏らの方を向き「皆さんに聞いて」と笑顔でかわした。
 ゴルフは昨年12月21日に同じコースでプレーして以来。首相は5日に三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝し、同市で年頭記者会見に臨む。


年明け早々に、財界トップとゴルフ、政官業トップの癒着・親密振り、彼らは支配者気取りです。
遊興費は当然、自腹ですが、それとも内閣官房機密費、経団連からか、それぞれの会社からか、どこから出ているのでしょうか、疑いたくなります。

法人税を下げるから、アベノミクス=安倍首相=憲法改正等のために、社員の給料を少し上げてくれところなんでしょう。
企業がもうかっていれば、日本のためにお金を出すべきなのですが、法人税下げたら、結局、儲かった分ほど、税金は増えないことになり、日本のために税金を出したくないと言っているようなものです。
法人税減税の財源に、外形標準課税を導入する方針と聞きます。
これは、大企業の減税分を中小企業の増税で賄うことを意味しています。
金融緩和と同様、またしても強者優先、トリクルダウンのやり方です。
富の再配分を逆行することばかりしていては、消費者の購買力は向上せず、景気回復は無理です。
大企業は260兆円もの内部留保を抱え込んでいると言います。
きのうの関口氏のTBSの番組で、寺島氏は企業は日本全体のことを考えて、法人税減税は我慢すべきだと言っていました。
大企業は、法人税を減税せず、給料アップし、日本のに生きるものとして、その責任を果たすべきです。

輸出戻し税は下請け企業に負担を強いるため輸出企業は丸儲けの話があり、減税の必要性はないとも言います。
減税の前に、輸出戻し税が適正かどうか、調査してから、問題があれば是正し、企業全体のトータルの税を見てから、判断すべきでしょう。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。