≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


佐賀県知事に山口氏、自民は知事選3連敗
TBS系(JNN) 1月12日(月)12時24分配信
 11日に投開票された佐賀県知事選挙は、元総務省の官僚の山口祥義氏が自民・公明の与党が推薦した候補を破り、初当選しました。自民党は、滋賀・沖縄に続いて知事選は3連敗となりました。
 佐賀県知事選挙で当選したのは、元総務省官僚の山口祥義氏(49)です。自民・公明の与党が前の武雄市長の樋渡啓祐氏を推薦したのに対し、自民党の有力支持団体である農政協議会は山口氏を支援、保守分裂選挙となっていました。
 一夜明け、山口氏は改めて当選の喜びと責任をかみ締めていました。
 「83万5000人の県民の安全・安心を守るという責任に緊張感を持った朝でした」(佐賀県知事選に初当選した 山口祥義氏)
 自民党は閣僚や党幹部が連日応援に入るなど、樋渡氏を全面支援しましたが、滋賀・沖縄に続いて知事選は3連敗となりました。自民党の茂木選対委員長は、「敗因をよく分析して、今後の対応にあたりたい」とコメントしています。(12日11:34)
最終更新:1月12日(月)14時17分TBS News i


衆院選前の滋賀県知事選では三日月前民主党衆院議員が自公推薦候補を破りました。
衆院選直前の沖縄県知事選では野党5団体支援の翁長候補が自民推薦の仲井真知事を破りました。
衆院選後の今回の佐賀県知事選では自民党支持団体支援の山口候補が自公推薦の候補を破りました。
知事選では、衆院選を挟んで、自民党推薦候補は3連敗です。
滋賀県、沖縄県は与野党対立で負け、佐賀県では自民党同士で、推薦候補が負けました。
地方では明らかに、中央の安倍自民党が推薦する候補は不人気です。
超低投票率と選挙制度のマジックによる衆院選の大勝とは大違いです。
少なくとも、地方では安倍自民党は余り支持されていません。
衆院選で安倍自民党が勝ったのは、他の選択枝が無かった、消極的選択だったようです。
安倍首相に人気が余りないことが分かります。
安倍首相は支持されていると勘違いしています。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。