≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<佐賀知事選>農協改革に影響も 安倍政権、敗北に衝撃
毎日新聞 1月12日(月)0時22分配信
 政府・自民党は佐賀県知事選で与党が推薦した樋渡啓祐氏(45)が敗北したことを受け、規制改革の柱と位置づける農協改革に向けた勢いがそがれることを警戒している。農協改革に反対する地元農協の政治団体「県農政協議会」が推薦した元総務官僚、山口祥義氏(49)が当選したことで、統一地方選を前に「農協を敵に回して選挙は勝てない」と受け止められかねないからだ。
 知事選では、全国農業協同組合中央会(JA全中)の権限を縮小する政府の農協改革案が争点になった。安倍政権は規制改革で農業に競争原理を取り入れ、成長産業に育成したい考えだ。政権が「岩盤規制打破」と位置付ける農協改革の成否は成長戦略全体の行方を占う試金石にもなりつつある。
 樋渡氏の応援に入った菅義偉官房長官は「(農業の)6次産業化を進め、農家の所得を上げる改革を行う」と述べ、農業の改革を推進する姿勢を強調した。
 これに対し、JA全中は農協改革を強く警戒している。先の衆院選でも自民党の候補者に農協改革を後退させるための政策協定書に署名を求めるなど圧力をかけてきた。
 こうした経緯もあり、政権側は「改革派」の樋渡氏を全面支援。菅氏のほか、自民党の谷垣禎一幹事長、農協改革の旗振り役の稲田朋美政調会長らを続々と投入した。終盤では「半馬身か1馬身、樋渡氏が抜けた」(党幹部)とみていただけに衝撃を受けている。
 政府・自民党はあくまで農協改革を断行する方針だ。ただ、農協側は、農協改革を掲げたことが自民党の敗因と訴え、全国で改革骨抜きのための圧力を強めていくのは必至だ。
 農協の集票力は一時に比べれば落ちているが、個別の地方選では無視できない力がある。政権の経済政策「アベノミクス」の効果が地方に届かないという不満と結びつけば、統一選全体にも影響しかねない。地方から改革の先送りを求める声が高まる事態も想定される。
 自民党の茂木敏充選対委員長は11日夜、コメントを発表し「年末年始をまたぐ難しい選挙となったこと、投票率が大幅に低下したことなど敗因をよく分析したい」と強調した。稲田氏は「全国に景気回復の実感を届け、理解と支持を得られるよう努める」とのコメントを出した。【影山哲也、宮島寛】


当選した山口氏は、「佐賀のことは佐賀で決める」と選挙で演説していました。
どこかで聞いたようなセリフ、沖縄と一緒です。
佐賀の橋下徹と呼ばれる前武雄市長を党が県を無視して候補者にしたこと、さらに安倍首相の肉声テープが災いして、出遅れした山口氏に逆に大差を付けられました。

佐賀県では農協・農業委員会を弱め、大規模化を進める農政改革(TPPも)にノーを突きつけた結果だと思います。
参入する経済界だけを優先して、農協、農業従事者等、現場が納得しない改革では上手く行きません。
第3の矢は容易ではありません。

自民党が衆院選で勝ったのは低投票率下での自公の組織力によるものです。
特に自民党は農協の組織力のお陰です。
今度負けたのは低投票率が問題とは、天にツバするとはこのことです。
第3の矢(農政改革、自民が考える地方創生)を自民党支持の農業者が反対する、矛盾する構図です。

政権に都合良い(言いなりになる)知事を送り込む、安倍政権の中央集権的地方支配は時代遅れです。
富国強兵の明治から戦前まで絶大な権力を持つ内務省が知事を任命していました。
戦後は自治省(総務省)から出向し、中央とのパイプを売り文句に、選挙で知事になるケースが多く続きました。
いずれも、中央集権的な構造で、先進国に追いつけ追い越せという発展途上段階では良くも悪くも強力な推進力となっていました。
しかし世界第3(数年前まで2位)の経済大国になった今は、中央による限定的な価値観では、創造性に満ちた物やサービスを生み出せません。
先進国には、世界をリードする独創性が求められ、それには多様性がとても重要な力です。
地方は地方の人材と資源をフルに活用して、創造性に富んだ多様な物やサービスを生み出せる(地方創生)と思います。
それには地方(特に市町村)が財源と権限を持つ、地方分権が必要です。
中央はそれをサポートする役割であって、中央が少人数で机上で使いにくい乏しいメニューを提示し、補助金で地方を縛るものではありません。
中央の大きな役割は憲法で示された生存権を保障するシビルミニマムを確保することと、富んでいる地方から貧しい地方への富の再配分を行うことです。
国民の最低限の生活権〔人権)が確保された上に、多様性〔個性)を追及することが日本の未来を開きます。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。