≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

首相「都構想、意義ある」 憲法改正に向け維新に秋波
産経新聞 1月15日(木)7時55分配信
 安倍晋三首相は14日、関西テレビ番組に出演し、維新の党最高顧問の橋下徹大阪市長が主導する「大阪都構想」について一定の理解を示した。同時に維新に対し、憲法改正に向け協力を求めた。自民党大阪府連が反対する大阪都構想に対して官邸サイドは表向き関知しない姿勢を示すものの、首相は都構想に理解を示すことで悲願の憲法改正に向けて維新をつなぎ留めたい思惑がありそうだ。
 首相は番組で、都構想に関し「二重行政をなくし住民自治を拡大していく意義はある。(5月17日の)住民投票で賛成多数となれば必要な手続きを粛々と行いたい」と述べた。
 憲法については「変えていくのは自然なことだ。私たちの手で憲法を書いていくのが新しい時代を切り開くことにつながる」と述べ、改正に改めて意欲を示した。その上で「維新が憲法改正に積極的に取り組んでいることに敬意を表したい。維新や他党にも賛成してもらえれば、ありがたい」と語った。
 これに先立ち、公明党の山口那津男代表は14日、都構想の住民投票に賛同すると方針転換した理由について「(大阪の)行政と議会がうまく機能していない。住民投票を検討する余地がある」と述べ、行政と議会の対立を打開するためだったとの認識を示した。大阪市内で記者団に答えた。
 大阪府市法定協議会会長の今井豊府議は14日、総務省を訪れ、都構想の制度案となる協定書を提出した。
 都構想に対し、自民党は大阪府連が反対し、党本部内も「大阪の線引きを変えるだけの話だ」(幹部)と冷ややかに見る向きが強い。首相が理解を示したのは、共同代表という維新の双頭体制が解消され、対決路線の江田憲司代表の影響力が強まっていることと無関係ではなさそうだ。首相が引き続き「責任野党」としての役割を維新に期待しているといえる。
 公明党が住民投票の実施容認に方針転換したことに関し、首相は番組で「全くない」と強調したが、維新顧問の松井一郎大阪府知事とパイプを持つ菅義偉官房長官が調整に動いたとの見方は消えない。(坂井広志)


安倍政権、憲法改正〔9条)のためには何でもあり、閣議決定、今度は維新に秋波ですか。
今までの選挙でも自民党に大きく票が流れたことも無いので、参議院は小選挙区制の衆議院と違って、大勝は無理です。
9条改正に慎重な公明党(20議席)を、9条改正に前向きな維新(11議席)に入れ変えようとしていますが、2/3(162議席)を取れますでしょうか。
自民党(115議席)は公明党(20議席)を崩すしか無く、公明党はどこまで自民党にくっついて行くか、にかかっているかと思います。

公明党は橋下市長の衆院選に出るぞと言う脅しに負けて、住民投票OKの密約をしたと思われます。
安倍首相は、都構想に反対している自民党大阪市議をイエスに変えるのが先決で、何故それをやらせないのか、少なくとも公明党同様、住民投票OKに賛成に転換させるべきでは無いでしょうか。
間接民主主義の欠点を補う住民投票は賛成ですが、少なくとも大阪市民からの住民投票ならOKですが、市長から発案して行うというのはもの凄い違和感があり、強権で出来ないから住民投票に期待するという上からの政治が透けて見えてしまいます。
原発の再稼働については、住民投票が市民から集まりましたが、橋下市長はその必要はないと市議会に掛けず握りつぶしました。
明らかに橋下市長の住民投票のダブルスタンダードで、自分の都合良いことは住民投票、そうで無いことは却下、本質はご都合民主主義の強権政治家です。

二重行政は大阪だけで無く、高知もそうだし、中心都市が巨大化している都府県は多いと思います。
県庁所在地人口が都道府県に占める割合を見ると、東京都の66%が一番高く、京都、仙台と続き、大阪市の28.5%は真ん中より下の25番目に過ぎません。
京都都、宮城都、香川都、高知都、神奈川都、などと都がいっぱい作っていくのでしょうか。
大阪府の二重行政は大したことはありません。
二重行政を無くすには、市町村だけでなく、場合によっては都道府県を越える広域連携が大事であって、都構想で無くとも実現すべきことです。
それが出来なかったのは国、自治体の責任です。
まして道州制を導入するなら、大阪都は消滅し、都構想は不要です。
都構想よりもずっと大事なのが、基礎自治体にお金と権限を移譲する地方分権です。
大阪都が国のように巨大な権限を持つ都構想ではありません。
政治家としての勝負する物差しが間違っています。
都構想が言い出して、何年も説明をしてきたのに、市民や府民は分かりにくいと言っているのは、良くない施策という評価の証明でしょう。
市長自身が言うように、政治家を辞めた方が良いと思います。
橋下市長は住民投票でノーを突きつけられて、政治家を辞め、そのまんま東のようにテレビの世界に戻って、行列のできる法律相談所のひな壇に戻った方が良いと思います。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。