≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


相意向重視、無理な工程=「後退目標」も達成できず―遠い汚染水の浄化・福島第1
時事通信 1月23日(金)16時40分配信
 東京電力の広瀬直己社長が23日、福島第1原発の放射能汚染水の浄化について、目標の達成断念を表明した。安倍晋三首相の意向を受け、3月末までの全量浄化を約束していたが、汚染水対策が困難を極める中、そもそも無理な工程となっていた。
 広瀬社長は、達成が5月にずれ込むとの見通しを示したが、放射性物質を大幅に減らす装置「ALPS」(アルプス)で未処理の汚染水はある程度残るのは確実で、浄化完了はさらに先になりそうだ。
 目標設定のきっかけは東京五輪の招致活動だった。安倍首相は2013年9月、福島第1原発事故の影響への懸念を払拭(ふっしょく)するため、「状況はコントロールされている」と発言。現実には汚染水漏れなどトラブルが相次ぎ、強い批判を浴びた首相は東電に対し、タンクなどにたまった汚染水の浄化処理の加速を求めた。


東京オリンピック招致でフクシマ原発はコントロールされているという安倍首相の発言に合わせるよう、汚染水処理が無理をして早く終わる計画にしたが、結局、早くは出来なかった。
東京オリンピック招致を手柄にしたい安倍首相の強力な圧力により、東京電力は嘘を付いた格好になった。
恐らく、安倍首相の大言癖のため、これ以外にも多くの嘘がまかり通っているのだろう。
大人しい、何でも信用する国民は、偉そうに言われるとつい従ってしまう国民は、安倍首相の言うことを鵜呑みにしているのだろう。
裸の王様のため、東電など、家来達はその無理難題のために大変な目をしている。
思慮に欠ける、虚栄心だらけの、馬鹿な裸の王様に。
今回の中東訪問もまた然りである。
そういえば、安倍首相は中東から帰ってきて自らマスコミに出てこない。
安倍首相は手柄自慢するときはマスコミにしゃしゃり出てくるが、自分が不利なときは、卑怯にも黙りを決め込んでいる。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。