≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


着物でテロに抗議
時事通信 1月26日(月)17時49分配信
 超党派の「和装振興議員連盟」が26日、国会正面玄関前で通常国会召集日恒例の記念撮影を行った。議連会長の伊吹文明前衆院議長(自民)は過激組織「イスラム国」によるとみられる邦人人質事件を踏まえ、「国民衣装である着物を着て、国民が一致結束してテロ組織に対応している姿を示す」と記者団に語った。
 民主党の福山哲郎幹事長代理も「人質解放については政府を後押しする」と伊吹氏に同調。ただ、「方向性が見えた時点で(政府の対応を)検証しなければいけない」と、くぎを刺すことも忘れなかった。
 

人が殺されそうなのに、晴れ着を着て、不謹慎にも浮かれているようにしか見えません。
人質事件を利用して、和装振興議員連盟をPRしているように見えます。
どこに、後藤さんを救うというメッセージが感じ取れるのでしょうか。
全く、伝わらないどころか、和服好きの連中が和服を見せびらかすための単なる売名行為にしか目に映りませんで。
メッセージでも書いた横断幕があるのではなく、国会前の記念撮影は彼らにとっての通常行為にしか見えません。

彼らは一致団結しなければならないと言っていますが、人々は多様化しており、一致団結する必要なんかありません。
一致団結を強要することは全体主義を意味します。
I AM KENJI のように、後藤さんの身になってメッセージを世界に向けてアピールするなど、したい人がすれば、自分の考えるやり方で良いので、強要することでは全くありません。
ただ、心のこもってない、和装振興議員連盟なんかは見破られるだけです。

和装振興議員連盟のようにテロ組織に対決姿勢を示しても、後藤さんの開放には向かいません。
後藤さんは弱者の味方、平和を愛する人で、イスラム国の的では無い、自由開放すべきと言うメッセージを出し続けることが効果的です。
目には目を歯には歯をで、政府を支持しても逆効果です。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。