≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


操縦士殺害警告=女死刑囚「29日日没までに」移送を―後藤さん音声? ・人質事件
時事通信 1月29日(木)8時57分配信
 【アンマン時事】過激組織「イスラム国」を名乗るグループに拘束されているフリージャーナリスト、後藤健二さん(47)とみられる新たな音声メッセージが29日に投稿され、イラク時間同日日没(日本時間同日深夜)までに女死刑囚がトルコ国境に移送されなければ、ヨルダンのパイロットは直ちに殺害されると警告した。後藤さんの画像・映像は添付されていない。
 イスラム国とみられるグループは27日の声明で、「24時間」の期限を設け、死刑囚と後藤さんの「1対1」の交換を要求。期限経過後に声明を出したのは初めて。岸田文雄外相は29日午前、音声メッセージについて「そういうメッセージが出ていることは承知している」と述べた。
 ヨルダン国営テレビは28日、イスラム国に拘束されたヨルダン空軍パイロットのムアス・カサスベ氏を解放するため、当局がイラク人のサジダ・リシャウィ死刑囚を釈放する用意があると報道。その後、ジュデ外相はツイッターで、イスラム国側からパイロット生存の情報が得られていないと述べていた。
 ジュデ外相は米CNNに対し、後藤さんの解放は捕虜交換の一部として行われる可能性があるが、パイロットの解放が優先課題との認識を示していた。 


サジタ死刑囚の引き渡しをイスラム国はトルコ国境を規定している。
と言うことは、トルコ政務も後藤さん救出に関与することになる。
そういえば、ヨルダンとイスラム国は国境(領土)はシリア(アサド政権)を挟んで接していないので、シリアの政府、反政府組織が絡み、より複雑になる。
トルコ国境ではフランス人など人質や捕虜交換が実際に行われている。
トルコは和歌山県でトルコ軍隊の船員を救ったことから、中東の中でも一番の親日国で、日本に恩義を感じており、ヨルダンと違い、自国民より後藤さんを優先してくれる可能性が高い。
トルコはイスラム国と戦っているが、アメリカの雄志連合でイスラム国空爆に参加しているヨルダンとは違い、後藤さんを見殺しにせよというアメリカの圧力はトルコにはかかりにくい。

以上から見て、ヨルダンでは無く、トルコを仲介国にすべきでした。
トルコに後藤さん救出本部を設置すべきでした。
ヨルダンを仲介国に決めたのは、安倍政権のミスです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。