≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

建国の日「知っている」2割未満 米中では9割超 「自国誇り」は7割
産経新聞 2月11日(水)7時55分配信
主な国の「自国の建国・独立の日」を正しく答えた人の割合(写真:産経新聞)
 日本が建国された日を知っている日本人は2割未満-。若手経営者らでつくる日本青年会議所(日本JC)が11日の建国記念の日を前に、建国に関する意識調査を行ったところ、そんな結果が出た。国内在住の外国人は中国で100%、米国やカナダで9割超が「自国の建国・独立の日」を正しく答えており、日本人の建国に対する意識の低さが鮮明に浮かび上がった。
 調査は1月、北海道から沖縄まで全国10都市の街頭で18歳以上の男女約1万人にヒアリングした。「日本が建国された日はいつか」との問いに「2月11日」と答えたのは19・3%で、年齢別の内訳は25~39歳が14・9%で最も低く、18~24歳が16・2%、40~59歳が19・4%。最も高い60歳以上でも44・3%だった。
 同様に日本国内の街頭ヒアリングと、委託した調査会社があらかじめ登録されている日本国内在住の外国人の中から無作為抽出した各国の18歳以上の男女計300人にメールで尋ねたところ、「自国の建国・独立の日」を正しく答えた割合は中国が100%でトップ。カナダ97・7%、米国91・3%などと続いた。母数が異なるため単純な比較はできないが、日本は極めて低かった。
 日本人対象のほかの調査項目では、約4割が「日本の建国に関する歴史を学んだことがない」と回答。約7割が「自国の成り立ちを学ぶ『国史教育』の充実」を必要と答えたほか、約6割が「日本でも建国を祝う行事を開催した方がいいと思う」と回答した。「日本という国を誇りに思うか」との問いには、73・0%が「思う」だった。
 日本JC国史会議議長の棟久裕文(むねひさ・ひろふみ)氏は「日本では自国を誇りに思いながら、建国は知らないという矛盾した状況になっている。グローバル社会に向け、義務教育段階から建国を含めた国史教育を充実させていく必要がある」と話している。


単なる休みの一つと思っている人ばかりで、建国記念日の意味を知っている人はどれほどいるのでしょうか。
建国記念日の2月11日は、明治の始め、君主制を引いたときに、紀元節として定めたものです。
紀元節は古事記、日本書紀の神武天皇が即位した旧暦の1月1日(太陽暦の2月11日)です。
神武天皇から10代目の開化天皇までは100歳以上も生きたことになり、架空の人物と言われています。
記紀は藤原氏が権威を正当化するために作った神話とされています。
建国記念日そのものが神話の世界、嘘で作られたものなのです。

日本は縄文人が先ず住み、大陸から稲作を持った渡来人が来て縄文人と混雑し弥生人を形成し、その中から古墳時代にヤマト王権が誕生した。
国として機能するのは律令制度が整う飛鳥時代後半です。
先住民族である縄文人の子孫、蝦夷(東北)は平安時代に入ってから平定され.北海道、沖縄はもっと時代を経て明治に入ってからです。
天皇制を見ると、3世紀に小国の中から連合国家としてヤマト王権が誕生し、200、300年は天皇に権力はありましたが、5世紀には物部氏。6世紀には蘇我氏、7世紀には中臣氏などの豪族が天皇を揺るがすほどの権力を握り、藤原氏(中臣氏)は平安時代になると摂関政治で実権を握り、鎌倉、室町、江戸と、武士が実権を握り、天皇は名前だけでした。
明治になると、君主制となり天皇主権となったが、実態は官僚政治となり、名目となりました。
戦後、民主主義の移入により.象徴天皇、本当の飾りとなりました。
しかし、明治以降戦前までを日本とする戦後の官僚政治は、建国記念日=紀元節を引き継ぎました。
天皇が誕生して1800年、最初の200,300年は実権がありましたが、次第に弱まり、殆どの期間、権威だけの飾りでした。

中国は毛沢東が建国宣言した日、カナダはイギリスから自治権を獲得した日、アメリカは独立宣言した日、フランスはフランス革命が始まった日、ドイツは東西ドイツを統一した日、イタリアは国民投票により共和制を決定した日、古くとも240年、年月が明らかで、今の国に直接繋がっている出来事の日です。
だから、どの国も、身近なこととして、記念日がいつか知っているのでしょう。
日本のように、身近に感じない、太古の訳の分からない、記念日とは全く違います。

多くの国での建国記念日に相当するのは、植民地から独立した日とか、王制から人民主体の共和制に移行しとた日などが選ばれています。
日本なら、近代国家となった明治政府樹立か、戦後、国民主権となった日、民主主義の観点から言えば、明らかに後者の方だと思います。
建国記念日とは何か、考える日では無いでしょうか。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。