≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安倍首相、答弁撤回し「申し訳ない」
時事通信 2月23日(月)16時4分配
 安倍晋三首相は23日の衆院予算委員会で、民主党議員と日教組の関連団体との関係に言及した自らの答弁について、「2012年度までの10年間の決算書を確認した限り議員献金の記載はなかった。私の記憶違いにより正確性を欠く発言を行ったことは遺憾で訂正する」と述べ、発言を事実上、撤回した。
 首相は20日の同委で、日教組の関連団体が民主党議員に献金していると主張。民主党が事実ではないとして訂正と謝罪を求めていた。民主党の後藤祐一氏らが首相の対応を問題視したのに対し、首相は「不快な念を持たれた方がいるとすれば申し訳ないという気持ちだ」と陳謝した。 


安倍首相は国会で前代未聞の、日教組とヤジを入れました。
その後の質問で、日教組は国から補助を貰って、日本教育会館が民主党議員に献金したと答弁していました。
補助を貰っている精糖業界団体が入っている会館が西川農水大臣と同じと言っていました。

民主党がそんな事実は無いと、安倍首相に抗議をしたところ、安倍首相は上記のように答弁しました。
一国の総理が、事実も調べずに、日教組と民主党を貶める発言をしたのです。
西川農水大臣の迂回献金擬きの不法と疑われる行為で自民党が貶められたのに対抗して、民主党も貶めようと反射的に行動したようです。
恐らく、右翼のネットでは、さも事実のように、日教組の民主党議員への献金が半ば常識的に書かれていたのでしょう。
ネット右翼の安倍首相は、日教組を敵対視することから、中傷のネット情報を疑わず信じ込んでいたと思われます。

完全に間違っていたのに、正確性を欠くと表現し、少しでも真実があるかのように言っています。
謝罪しなければならないのに、遺憾だと応えています。
Wikiでは、遺憾とは「思い通りに事が運ばなくて残念だ」で、全く謝罪の意は無く、むしろ自民党を貶められたから、民主党を貶め返すのに失敗して残念だと言っているようです。
影響力が極めて大きい総理が、日教組と民主党を貶めたのです。
なぜ素直に、間違っていた、日教組、日本教育会館、民主党に謝罪すると言わないのだろうか。


スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。