≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


菅官房長官「影響は完全にブロック」、福島第1原発の汚染水流出
ロイター 2月25日(水)17時48分配信
[東京 25日 ロイター] - 菅義偉官房長官は25日午後の記者会見で、福島第1原発2号機原子炉建屋の屋上に溜まっていた比較的高い濃度の汚染水が海に流出していた問題で、港湾外の海水濃度は法令告示濃度に比べて十分に低い数値だと言明。
その上で「港湾への汚染水への影響は完全にブロックされている。状況はコントロールされているという認識に変わりない」と述べた。
東京電力<9501.T>は、この汚染水流出問題を把握していたが、公表していなかった。今回の東電の対応について菅長官は「(問題を)放置していたわけではない。原因を調査して、溜まり水の箇所が判明したのですぐ対応した」と述べた。


安倍首相は2014年9月7日、2020年東京オリンピック誘致演説で、「状況は完全に制御(アンダーコントロール)されています」「汚染水は福島第一原発の0.3平方キロメートルの港湾内に完全にブロックされています」と自信満々に言っていました。
しかし、実際は、2013年11月から、汚染水が港湾外に流出していました。
今は希釈されて濃度が薄いと、いつもの如く影響を小さく言おうとしています。
しかし、魚介類に蓄積し、漁業への風評被害は消えず、漁民の生活を奪い続けています。
安倍首相のアンダーコントロールはオリンピック招致の大嘘、大ばれです。
フクシマだけでなく、国民、さらに世界までも欺きました。
この一件で国民が学習すべきことは安倍政権、東電の言葉を信用したものは、馬鹿を見る、と言うことです。

東電と政府の隠蔽体質、原発の影響を小さくしようとする情報操作は原発事故前と全く変わりません。
フクシマから国民を騙す手立てを巧妙化することを学んだに違いありません。
原発再稼働の甘すぎる条件と言い、この国の政府、安倍政権にはフクシマから学習能力する気は全くありません。

敗戦を終戦と言い、全く反省の無い政府は、戦前からのお上は正しいという体質は変わらず、国民を騙すテクニックだけは長けてきたようです。
自民政権が造った少子化、巨額借金など根本問題と同じ、お茶を濁す、トカゲの尻尾切り、先延ばし、日本が覚醒して、好転する可能性は自民体質ではあり得ません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。