≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新国立競技場、アーチを維持 総工費900億円増
朝日新聞デジタル 6月24日(水)5時36分配信
 2020年東京五輪・パラリンピックで主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の建設で、文部科学省が、流線形の屋根を支える2本の巨大なアーチを残すなど現行のデザインのまま、大手ゼネコン2社と今月末にも契約を結ぶ方針を固めたことが23日分かった。総工費は基本設計時の1625億円から900億円ほど膨らむ見通しだ。
 文科省や事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は、7月に業者への発注を始め、10月に着工、19年春完成と、同年秋のラグビー・ワールドカップに間に合わせる現行計画通りの工程を見込む。関係者によると、総工費は昨年5月の基本設計時から大幅に膨らみ、2500億円台前半で、2社と最終調整している。人件費と資材価格の高騰が主な原因だという。
 現行のデザインは3年前の国際コンペで選ばれた建築家のザハ・ハディド氏の作品が基。しかし総工費が3千億円に膨らむとの試算が出て、基本設計の段階で延べ床面積を約2割縮小した。屋根を支える2本のアーチが特徴だが、長さが400メートル近くあるため、一部の専門家からは技術的に難しく、建設費が膨らんで工期が延びる原因だとして、見直しを求める声が出ていた。
朝日新聞社


新国立競技場は屋根のお化け、何処が優れたデザインなのだろうか。
自転車に乗っている人の穴のいっぱい空いたヘルメットと同じデザインだ。
屋根の化け物の、何処が良いのか。
槙文彦氏の審美眼には納得するが、審査委員長は安藤忠雄氏と聞くが、彼の審美眼は狂ったのだろうか。

ロンドンオリンピックのメイン会場が650億円で、東京国立競技場は初期段階でその倍の1300億円。
それが精査すると、3000億円、それを屋根無し、仮設の席で2500億円、それでもオリンピックを開ける普通のメイン競技場500億円の5倍である。
詐欺に遭ったような話し、まるでオリンピック招致のための誇大広告のようなものだ。
そんな金があるなら、東北被災地支援、国の借金返済など、有効な使い道はいっぱいある。
オリンピックに選ばれたトタンに気持ちが大きくなったのか、国と地方で1000兆円の借金があるのを忘れたのだろうか。
何とバブリーな建物であろう。
この設計を選んだのは、何と無責任なのだろう。
デザインだけで無く、コストもコンペの対象である。

コンパクトを唱っているのなら、メイン会場もコンパクトであるべきだ。
省エネ、バリアフリー、環境、景観に配慮したものとすべきであろう。
そのコンセプトとこの屋根のお化けはいずれの項目にも当てはまらない。

ラグビーワールドカップ、オリンピック開催時には巨大なアーチ屋根が間に合わないという。
何のためのメイン会場なのか、間に合わなかったら、巨大アーチの意味は全くないし、造る意味がない。
直ぐに、過ちを認めるべきである。
そして、安価でも建築が容易で、かつ優れたデザインの競技場に即刻、設計し直すべきだ。

おまけに国立なのに東京都に500億円の負担を強いている。
丁度アーチ1本分だ。
これで、もう一つ国立競技場が出来る金額だ。

何処を採っても、無責任である。
日本の無責任体質の象徴だ。
この総責任者である安倍首相はこの問題では表に出てこない。
押ししい所は持っていって自分の手柄と強弁するが、不味いところは黙っている。
そういうずるい人間が日本の総理なのである。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。