≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

 GDP600兆円目標…総裁再選で「経済重視」
2015年09月24日 21時57分
 自民党は24日、党本部で両院議員総会を開き、安倍首相の党総裁再選を正式に決定した。
 その後、首相は記者会見し、強い経済、子育て支援、社会保障を新たな「3本の矢」と位置付け、国内総生産(GDP)600兆円の達成や、家族らの介護を理由に離職する「介護離職」をゼロにする目標などを打ち出した。
 首相は会見で、「デフレ脱却はもう目の前だ。アベノミクスは第2ステージに移る」と述べた上で、「目指すは1億総活躍社会だ。少子高齢化に歯止めをかけ、50年後も人口1億人を維持する」と強調。実現に向け、〈1〉希望を生み出す強い経済〈2〉夢をつむぐ子育て支援〈3〉安心につながる社会保障――の「新3本の矢」を推進すると表明した。


「経済重視」は安倍自民党の究極の参議院選挙対策であり、民意に逆らって憲法違反の戦争法案を強行採決した経緯を忘れさせようと、なり構わぬ姿が滑稽に見えてきます。
三本の矢を誤魔化すために、新三本の矢、第2ステージ、もう子供だましです。
三本の矢は的外れに終わったのを覆い隠す新三本の矢、第2ステージと誰もが気が付きます。
中国経済の高度成長が終わったのに、日本が高度成長並みのGDPが600兆円を実現できるなんて、絵に描いた餅です。
自民党は金持ち優遇、社会保障の充実とは真逆の政党、笑わせます。
現実的には、軍拡競争で防衛費拡大するため、社会保障費は抑制的、どこに社会保障の充実を図っているのでしょうか。
高度経済成長時代にトリクルダウンは確かにありましたが、低成長時代にはその余力は無く、小泉政権以降、弱肉強食で格差社会が顕著となりました。
少子化政策を推進してきた自民党が、金持ちから若年世代に富の再配分無しに子育て支援を拡充するなんて出来る訳が無く、笑止千万です。
格差の拡大、格差の固定化、貧困の連鎖が自民党の政権運営で深刻化してきたのに、その正反対の1億総活躍とは笑わせます。

過去の失政を未来の出来もしない嘘で覆い隠そうとする安倍政権の常套手段、今度ばかりは子供だましの大風呂敷、如何に馬鹿で従順な国民といえども、こんなあり得ない話し、騙されません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。