≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 東京ガスは最初、東京都に売り渋っていた。汚染物質が生鮮市場に向か無いことが理由だ。東京都よりも遥かに健常だ。売買価格と汚染対策費用の関係で、売っても利益とならないことが最も危惧していたのだろう。
 どうしても豊洲を手に入れたい東京都も、東京ガスの売り渋りのネックを知っていたのは当然だ。市場長だけでなく、副知事、石原知事も知っていたに違いない。何故売らない、どこに問題点があるのかは知事たち、幹部は押さえているのが当然だ。売らせるには東京ガスにとって良い条件を呑むかを東京都が考えたのだろう。その条件が売ってから汚染物質が出ても、東京ガスがその費用は支払わないというものだ。
 東京ガスは豊洲の土地を追加の汚染対策80億円込みで東京都に560億円で売った。既に100億円で汚染対策をしていたから、差引、380億円が実際の土地代だ。それに対し、東京都は建物部分の盛土無しの汚染対策費用は590億円掛かり、実質、豊洲は差引、ただより安いマイナス210億円の不良物件だったことが分かる。今後も、汚染対策費用は幾ら掛かるかも分からない。市場としては、買ってはならない不良物件を買ったことになる。東京ガスに利益を与える理由があったのだろうか。
 都知事を筆頭に、瑕疵担保責任を問わない契約を結び、都民に多大な損害を与えた責任は大きい。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。