≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

民進党の臨時国会で無く、閉会中審査で妥協は弱腰
 憲法で認められている臨時国会の開催要求は既になされており、閉会中審査よりも上位の行為です。期日は法には無いですが、開かなければ憲法違反になるのでは無いでしょうか。安倍首相の居ない閉会中審査より臨時国会の予算委員会で、追及するのが本筋です。閉会中審査、それも前川氏の証人では無く参考人招致での妥協は民進党が僅かな譲歩に満足しているとしか思えません。自民党の国民に応える振りを助け、自分らも追及している振りに満足していては駄目です。蓮舫代表の迫力のない言葉に、好機を逸してならない気がします。

閉会中審査の自民党の御用学者をこてんぱんに
 閉会中審査には諮問会議の御用学者が出てくるようですが、こてんぱんにしないと、嫌な目をさせる前川氏に申し訳がありません。1校だけが恩恵を受けのが総理の腹心の友ということに微塵の疑念を抱かなかったのか、獣医学部が国家戦略に値するのか、既存物事に完璧はあり得ないのに、諮問会議の御用学者は1点の曇りも無かったと言い切りました。既存の獣医学部に無い先進の獣医師を生み出せる体制にあるのか、現獣医学部定員全体の2割に当たる160人という定員の根拠はあるのか、需要の特に少ない四国に絞る条件を後で付け加えたことにも全く疑念を抱かなかったのか、さらに他の特区でパソナなど、関連企業に利権を誘導していないか等々、御用学者から新たな疑念をいっぱい引き出させましょう。

外遊をする民進党に覚悟不足
 TBSひるおびをみると、閉会中審査日程は10日だけのようで、安倍首相はG20後に外遊、与野党の国会議員、国会対策委員会も外遊の予定だそうです。民進党をはじめ、野党は外遊を取り止め、臨時国会開催を求めるべきです。そこまでしないと国民には伝わりません。G20は7、8日だから、その前後を除き、開催できたはずです。本気度が足りません。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。