≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 たかじんが亡くなった直後の番組を八代弁護士が継承していたのを思い出しました。たかじんが右だったので彼も右の人なんでしょうね。田崎氏欠席なので、安倍応援の役目を演じたのでしょう。

国民が納得するのは内閣官房・内閣府の公文書の公開
 八代弁護士は総理は否定しているの信用できないはおかしいと言っていました。裁判なら疑わしきは罰せずですが、こと政治の世界、疑わしきは罰すると言う国民の反応は当然です。お友だちに利益供与を疑われる行為はしないのが権力者の鉄則ですが、安倍一強に安倍首相は驕りましたね。
 安倍官邸や内閣府が一切関係ないと全否定してから、文科省から関わった文書が出てくるのですから、信頼を無くすのは当然です。全否定という、あくまでも強気の姿勢が国民を騙すベストな手法と首相は考えていると国民は見抜いているのです。
 小出しにする羽目になっています。首相が予算委員会で単純に全否定しても、国民は納得しませんし、丁寧な説明でもありません。国民を納得させるには、内閣府、内閣官房から、文科省とのやり取りの文書を公表することです。石破4条件を誰が見てもクリアした経緯の公文書、さらに加計だけに絞った公文書の公表です。

次は証人喚問へ
 次は、加計理事長も含め、関係者全員を偽証罪に問える証人喚問で開けば、参考人招致での断言は無くなり、記憶に無いが増え、更に官邸は追い込まれるでしょう。政治家は嘘を付くが、役人は嘘がつけないので、参考人と証人で発言が食い違うでしょう。こんな小出しにするのは、自民党自体が安倍首相が本当に加計を優遇し行政を曲げたと信じているからでしょう。

内閣人事局で高級官僚が官邸に束縛
 内閣人事局の話が出ていましたが、任命は審議官級以上、その数600人以上、高級官僚は全て官邸の方をみることになります。次官級審議官(局長より上)以上にすれば、各省で数人です。政治主導ならこの範囲で十分です。定年間近なら、政権に批判も出来るでしょう。良く考えると、大臣を飛び越えて、官邸が人事を牛耳るのもおかしな話です。総理が大臣を任命し、大臣が次官級審議官(局長より上)を任命するのが正しいように思う。大臣が総理の方を向いていれば、大臣は適正な官僚を任命するはずです。
スポンサーサイト


愛てんぐ

Author:愛てんぐ
自由が一番!

*自由、平和、優しさ、自然が大好きです。暴力、戦争、不公平、不自由は大嫌いです。

*世の中では格差社会がどんどん進み、言論統制の動きも見え、益々自由に生きられなくなっています。

*てんぐになって人のため世のため、独りよがりの意見を、愛を込めて発信していきたいと思います。

*思いを伝えたいため、正確でない表現や数字がありますので、ご了承下さい。

*ブログの趣旨に反する、不快感を覚える、礼儀をわきまえないコメント等は削除しますので、ご了承下さい。

*記事は、情報の正確性や表現の的確性を高めるため、付け加えたり、訂正したりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。